スペイン語「ビジネス会話:交渉(3)」

スペイン語「ビジネス会話」スペイン語「ビジネス会話」

Hola !

今回は、

過去記事:スペイン語「ビジネス会話:交渉(2)」

の続きで、

【3】「Manejo de ofertas  y  contraofertas:マネホ・デ・

オフェルタス・イ・コントラオフェルタス:

申し出(提示)と、カウンターオファーの取り扱い」 

からです。

vamos a empezar !  (^▽^)/

 

「オファー」と「カウンターオファー」とは

 

スペイン語を覚える時、

単語の意味を

日本語で

丸暗記するより、

日本語での意味も、

きちんと理解して覚える方が

より記憶に残りやすいです。

 

だから、

まず「オファー」と「カウンターオファー」

について、

スペイン語と一緒に

日本語の理解を深めましょう。(^^)

 

「オファー:オフェルタ:oferta」は

申し出(提案)、供給、提供、入札などを意味します。

(例)「hacer una oferta:アセル・ウナ・オフェルタ:入札する」

 

一方、「カウンターオファー:コントラ・オフェルタ:contraoferta

について、

最初に「contra:コントラ」について

ご説明しますが、

前置詞での「contra」は、

「~と逆に、~に反対して」など、

「逆・対立、衝突」などの意味を含みます。

 

また名詞としての「contra」は、

そのまま「不利益・反対意見」などを意味します。

なので、

「カウンターオファー:コントラ・オフェルタ:contraoferta」は、

「提供する側(売り手)からの、

引き渡しの条件や納期、

価格などに関する「提示」に対して、

提供を受ける側(買い手)が

反対や、別の条件を提示すること」です。

 

では、

「オファー」や

「カウンターオファー」の場面で、

知っておくと役立つ

スペイン語を

学びましょう。

adelante ! (^▽^)/

 

提示に対して、賛同する場合は?

 

Podemos  aceptar  las  condiciones

de la  entrega  :ポデモス・アセプタル・ラス・コンディシオネス

・デ・ラ・エントレガ:引き渡し条件を、承諾いたします」

Podemos  aceptar  las  condiciones

del  pago :ポデモス・アセプタル・ラス・コンディシオネス

・デル・パゴ:支払いの条件を、承諾いたします」

 

個人交渉の場合

Puedo  aceptar(承諾できることがら)

プエド・アエプタル(承諾できることがら)

:私は(承諾できることがら)を、受け入れることができます」

 

Estamos  de  acuerdo con (提示されたこと):エスタモス・デ・アクエルド・コン (提示されたこと)

:私どもは、(提示されたこと)に基づいて、同意いたします」

de  acuerdo con:~に基づいて、~に従って」

(例)「 Estamos  de  acuerdo con  la cláusula adicional

エスタモス・デ・アクエルド・コン ・ラ・クラウスラ・アディシオナル

:私どもは、追加条項に基づいて、同意いたします」

 

Estamos  de  acuerdo con  la cláusula de escape

: エスタモス・デ・アクエルド・コン・ラ・クラウスラ・デ・

エスカペ:私どもは、免責条項に基づいて、同意いたします」など。

 

また、賛同を簡潔に言う場合は、

Esa es una buena idea :エサ・エス・ウナ・ブエナ・イデア

:それは、良い考えでございます」

 

Estamos  de  acuerdo :エスタモス・デ・アクエルド

:私どもは、賛成(同意)いたします」

について、

※Estamosは、不定詞(原形)が「estar」で、

複数1人称「私たちは~である」の意味です。

でも

一人での交渉場面では、

Estoy de acuerdo:エストイ・デ・アクエルド:私は、同意いたします」

になります。

 

aceptamos :アセプタモス:私どもは、賛成(同意)いたします」

acepto:アセプト:私は同意いたします」

 

 

提示に対して、反対する場合は?

 

No podemos  aceptarlo:ノ・ポデモス・アセプタルロ

:私どもは、(その提示を)受け入れることができません」

※ この場合は「lo:それを(その提示を)」の意味。

 

個人交渉の場合は、

No puedo  aceptarlo:ノ・プエド・アセプタルロ

:私は、(その提示を)受け入れることができません」

 

 

No estamos  de acuerdo  en

las cláusulas de indemnización

ノ・エスタモス・デ・アクエルド・エン

・ラス・クラウスラス・デ・インデムニサシオン

:私どもは、賠償条項について、同意できません」

 

No estamos de  acuerdo con esto 

:ノ・エスタモス・デ・アクエルド・コン

エスト

:これに基づいての、同意はできません」

 

No estoy de acuerdo :ノ・エストイ・デ・アクエルド:

私は、同意いたしません」です。

No acepto:ノ・アセプト:私は同意いたしません」

 

 

※ 交渉場面で、「imposible:イムポシブレ」は、

不可能の意味があり、

強い否定になるので、

「問題外です。完全に承諾無理です!」

という場合以外は、

なるべく平和的に

交渉を進めるために、

使用しないほうがいいでしょう。

心の中で「grrrr⚡:(仕事交渉用語ではない。友人間メールでの怒りの表現文字、イメージ的に犬のうなり声)

と、思う方もいるかもしれません。(^^)

 

ただし日常生活では「 ¡ parece imposible !  :パレセ・イムポシブレ!:

まさか、信じられない!」の

「驚き」の意味でも使用します。

※「parecer ~:~のようである、~ように思われる」

 

 

全部反対ではないけれど・・一部反対の場合は?

 

相手側からの「提示」に対して、

“ 全部を反対するわけではないが、

一部に対して賛同できない ”

(8割承諾できるが、残り2割は承諾できない)

などの場合に、

役立つ言い方を学びましょう。(^^)

 

まず

例えば、

Estamos  en el buen camino

:エスタモス・エン・エル・ブエン・カミノ

:私たちは、良い方向の途中にいます(良い方向に、むいています)」

など、

賛同してることを伝えたり、

すでに

ご紹介した「承諾できる部分」を伝えた後で

賛同できないことがらを伝えたい場合は、

 

「賛同できないことがら」を述べる前に、

否定の時に便利な 

「Pero」を使用します。

例えば、

「Pero(賛成できないことがらを述べる):ペロ(賛成できないことがらを述べる):しかしながら、でも、(賛成できないことがらを述べる)」

のように用います。

「Pero・・・」を使えば、

相手方に、

“ 何か賛成できない部分があるな ”

と推測していただけます。

また、

Sí ,  pero ~:シ(賛成の意味)・ペロ(しかし)~

:そうではございますが~」のいい方もあります。

 

さらに、

「なぜ賛成できないのかを言う場合は」

接続詞「porque:ポル・ケ:なぜなら」

を使います。

「カウンターオファー:一部賛成」交渉の流れとして、

【1】「賛同している部分を伝える」

【2】「Pero( 賛成できないことを述べる)」

その後に、

【3】「porque(賛成できない理由を述べる)」

の形になります。

 

※接続詞「porque:なぜなら」は、

一つの単語で、おもに文章中で使います。

「¿ Por qué ?:なぜ?」は

疑問の意味になり、

アクセントがあります。

まったく別の意味になりますので、

気を付けてくだい。(^^)

 

交渉は、

まだまだ続きますが、

今日はここまでです。

descansa con un zumo de naranja  \(^▽^)/

 

では、

次回も、

たのしくスペイン語や

スペイン旅文化を

学びましょう。

Hasta luegooooo (⌒ー⌒)ノ~~~