スペイン語の基本文法「直接目的格人称代名詞」

スペイン語の基本文法スペイン語の基本文法

Hola !

今回は、

直接目的格人称代名詞」について

学習しましょう。

 

この「直接目的格人称代名詞」や

今後学習していく「間接目的格人称代名詞」

は、

スペイン語学習過程において、

“ 今後スペイン語が上達できるか ” の

大きな分岐点になりますので、

しっかり理解してくださいね。

では、

vamos a  empezar !  (^▽^)/

 

「直接目的格人称代名詞」とは?

 

「直接目的格人称代名詞」は、

(難しそうなネーミングですが)

簡単に言えば、にあたる目的語を、

人称代名詞に変えることです。

また

「~を」は、「人」を示す場合と、

「物」を示す場合があります。

 

 

「直接目的格人称代名詞」の活用は?

 

「直接目的格人称代名詞」の活用は、

以下のようになります。

 

「直接目的格人称代名詞の活用」

【単数】

「1人称:me:メ:(男性女性共用)私を」

「2人称:te:テ:(男性女性共用)君を」

「3人称男性・物:lo (le):ロ(レ):彼を、それを、

あなたを」

「3人称女性・物:la:ラ:彼女を、それを、(あなたを) 」

 

【複数】

「1人称:nos:ノス:(男性女性共用)私たちを」

「2人称:os :オス:(男性女性共用)君たちを」

「3人称男性・物:los(les):ロス(レス):彼らを、それらを、あなた方を」

「3人称女性・物:las:ラス:彼女らを、それらを、(あなた方を) 」

 

※「usted」「ustedes」は

スペイン語の「尊称」なので、

日本語的には、「あなた様」「皆さま方」などのほうが

訳として適していると思いますが、

スペイン語文法・スペイン語辞書で

訳されている書き方「あなた」「あなた方」に、合わせました。

 

※「le」「les」については、

スペイン国の文法か、

南米スペイン語使用国の文法かにより、

多少、扱われ方が異なりますが、

「le」「les」を含めて説明すると、

上記のような活用になります。

 

「直接目的格人称代名詞」の語順は?

さきほど学習した

単数:metelo(le)」「la

複数nosos los (les)」「las

「直接目的格人称代名詞」が

動詞の目的語(~を)になる場合、

基本的に、動詞の前に来ます。

 

例えば、

「¿Me amas ? : メ・アマス?:君は、私を愛していますか?

「Sí ,  te amo :シ、テ・アモ:はい、私は、君を愛しています」

 

※発音について、「直接目的格人称代名詞」は、

弱勢語(アクセントなし)になりますので、

強く発音しないで、普通に発音してください

※スペイン語は、

「Sí:はい」「No:いいえ」で答えることができる、

疑問詞が含まれない疑問文(質問会話)では、

疑問文の文末(質問会話の最後)は、

しり上がり調子(声を高くするイメージ)で発音します。

だから上記例の「amas?」も、

「しりあがり調子」で発音します。

 

※スペイン語は、基本的に主語にあたる単語を省略します。

だから動詞をみて、同時に主語も判断することが大事です。

このような文法構成なので、

スペイン語の動詞活用を覚えることは

とても重要です(^^)

 

また、スペインでは「amar」よりも、

「¿ me quieres ?」「Sí, te quiero」の

言い方が一般的です。

 

 

なるほど、こんなふうに用いるのか!「直接目的格人称代名詞」の使用例文

 

では、

「直接目的格人称代名詞」を使用した

例文を記しておきますね。

adelante ! (^▽^)/

 

【1人称単数・2人称単数を使用した場合】 

¿ Me conoces ? :メ・コノセス?:君は、私を知っていますか?」

No, no te conozco :ノ、ノ・テ・コノスコ

:いいえ、私は、君を知りません」

 

【1人称複数・2人称複数を使用した場合】

¿Nos quieres ?: ノス・キエレス?:君は、私たちを好きですか?」

Sí , os quiero :シ、オス・キエロ:はい、私は、君たちを好きです」

ここまでは、

理解しやすいと思います。(^^)

 

 

【3人称単数複数の場合】

 

注意するのは、「3人称」の場合です。

【目的語(~を)が、単数男性名詞になる場合】

【A】「Ella Compra  el bolso ,  pero no lo compro:

:エリャ・コンプラ・エル・ボルソ、ペロ・ノ・ロ・コンプロ

:彼女は、夫人バッグを買いますが、私はそれを買いません」

 

【目的語(~を)が、単数女性名詞になる場合】

【B】Él compra  la mochila ,  pero  no  la compro

エル・コンプラ・ラ・モチラ、ペロ・ノ・ラ・コンプロ

:彼は、リュックを買いますが、私はそれを買いません」

 

【目的語(~を)が、複数男性名詞になる場合】

【C】「Ella Compra  los bolsos ,  pero no los compro:

:エリャ・コンプラ・ロス・ボルソス、ペロ・ノ・ロス・コンプロ

:彼女は、夫人バッグ数個を買いますが、私はそれらを買いません」

 

【目的語(~を)が、複数女性名詞になる場合】

【D】Él compra  las mochilas ,  pero  no  las compro

エル・コンプラ・ラス・モチラス、ペロ・ノ・ラス・コンプロ

:彼は、リュック数個を買いますが、私はそれらを買いません」

 

【そのほかの例文】

【目的語(~を)が、単数男性名詞になる場合】

【E】「¿Tienes ese bolígrafo ?:ティエネス・エセ・ボリグラフォ?

:君は、そのボールペンを持っていますか?」

「Sí , lo tengo aquí:シ、ロ・テンゴ・アキ

:はい、私は、ここにそれを持っています」

 

【目的語(~を)が、複数男性名詞になる場合】

【F】「¿Tienes esos  bolígrafos ?:ティエネス・エソス・ボリグラフォス?

:君は、それらのボールペンを持っていますか?」

「Sí , los tengo aquí:シ、ロス・テンゴ・アキ

:はい、私は、ここにそれらを持っています」

 

【目的語(~を)が、単数女性名詞になる場合】

【G】「¿ Tienes  esa tinta ? :ティエネス・エサ・ティンタ?

:君は、そのインクを持っていますか」

「Sí ,   la  tengo aquí:シ、ラ・テンゴ・アキ」

:はい、私は、ここにそれを持っています」

 

【目的語(~を)が、複数女性名詞になる場合】

【H】「¿ Tienes  esas tintas ? :ティエネス・エサス・ティンタス?

:君は、それらのインクを持っていますか?」

「Sí ,   las  tengo aquí:シ、ラス・テンゴ・アキ」

:はい、私は、ここにそれらを持っています」

 

 

【考え方のポイント】

 

目的語が「(人以外の)物」の場合

【1】まず、上記例文で

ご紹介したような、

目的語(~を)になる「物」が

男性名詞か、

女性名詞かを判断します。

 

※例えば、上記の例文【A】の場合は、

まず「el bolso」に注目して、

「el bolso」は、

「定冠詞 el+男性名詞」だと

すぐにわかりますね。(^^)

 

【2】判断した後は、

【目的語(~を)が、単数男性名詞の場合】

目的語(~を)になる「el+男性名詞」が、

直接目的格人称代名詞「lo」に変化します。

また、

【目的語(~を)が、複数男性名詞の場合】

目的語(~を)になる「los+男性名詞」が、

直接目的格人称代名詞「los」に変化します。

 

※上記の例文【B】の場合は、

「la mochila」に注目して、

定冠詞 la+女性名詞だと

すぐにわかりますね。(^^)

 

【2】判断した後は、

【目的語(~を)が、単数女性名詞の場合】

目的語(~を)になる「la+女性名詞」が、

直接目的格人称代名詞「la」に変化します。

また、

【目的語(~を)が、複数女性名詞の場合】

目的語(~を)になる「las+女性名詞」が、

直接目的格人称代名詞「las」に変化します。

 

 

【定冠詞がない場合は?】

 

定冠詞「el(los)」や

定冠詞「la(las)」が、

初めからあれば、

理解しやすいのですが、

定冠詞がない場合もあります

なので、

「定冠詞がない場合」

ポイント

ご説明します。

 

上記例文【E】の場合は、

【1】目的語(~を)になる

bolígrafo 」だけに注目して、

この「bolígrafo 」は、

「定冠詞elのつく男性名詞か?」

あるいは「定冠詞laのつく女性名詞か?」を判断します。

もし「el bolígrafo」を暗記していれば、

すぐ「男性名詞」と判断できます。

※でも、暗記していなくても、

この場合は、

「ese」などの

指示形容詞からでも

「定冠詞elのつく男性名詞

と判断できます。

【2】判断ができれば、

あとは、活用ルールにより、

直接目的格人称代名詞が「lo」になります。

そのほかの上記例文も、

同じ考え方です。

 

スペイン語学習継続の秘訣は、

楽しみながら、

また無理をせず、

「poco a poco :ポコ・ア・ポコ:すこしずつ♪」

理解していくことが大事です。 

なので、

今日はここまででーす。(^^)

 

次の回は、「人の場合」について、

学習しましょう。

hasta luegooooo (⌒ー⌒)ノ~~~