「スペインのカウントダウン&年明け」の過ごし方は?2回目

スペインのおもしろ文化, スペインの面白い習慣新年カウントダウンスペインのおもしろ文化, スペインの面白い習慣

 

Hola !

「スペインのクリスマス」の過ごし方:1回目では、

スペイン人にとって

クリスマスの日は

もっとも大事な日で

あることと、

スペイン人の

クリスマス:12月24日から12月25日までの

過ごし方について

紹介しましたが、

引き続き、クリスマス期間に

欠かせない

とっても大事なことや、

スペイン人は

どのように

新しい年の幕開けの

カウントダウン&年明けを

過ごすのかを

学びましょう。

Vamos a empezar  !  (^▽^)/

 

 

クリスマス期間のスペシャルな飾り物は?

 

スペインでは、

クリスマスの豪華料理や

お菓子も

親戚家族内での

ビッグなイベントですが、

スペインの文化習慣によって、

クリスマス期間には、

多くのスペイン人の家の中には

ある「スペシャルな飾り物」があります。

それは何かというと、

★「ベレン:Belén」★です。

 

花の名前?と思うような

ネーミングですが、

これは、

丁寧に作られた

スペインのクリスマス期間には、

かかせない

スペシャルな飾り置物です。

 

いろいろタイプはありますが、

簡単にいえば、

「イエス・キリストが誕生した時の場面再現」

ミニチュアのスペシャルな飾り置物で、

一つ一つ丁寧に

人形や馬小屋などを

色も付けて、

再現しています。

 

クリスマス時期になると、

この「ベレン」商品が

たくさん売られています。

 

次の年末年始を

スペインで過ごすプランの方や、

すでにスペイン滞在している方は、

クリスマスの時期、

クリスマスのイベントとともに、

いろんな「ベレン」飾り置物が

売ってありますので、

また多くの家で飾っているので、

異国文化学習の一つとして、

この「ベレン」も

経験してみてくださいね。(^^)

 

 

新年カウントダウンの様子と、12時になった時に始まるのは?

 

家族の団らんを楽しむ

クリスマスが過ぎると、

次の大きなイベントは、

年明けのお祝い

Feliz  año nuevo  !! 」    \(^▽^)/

ですね。

 

でも日本と同じように、

伝統的なビッグイベントは

12月31日大晦日の

カウントダウンの時間から始まります。

 

家族や友人たちと、

カウントダウンごろに、

自宅などに集まり、

各人ブドウを「12個」用意します。

そしてカウントダウンの後、

年明けの12時になったら、

マドリッドの「プエルタ・デル・ソル」

と呼ばれる

大きな広場にある

大きな時計の鐘の音が

鳴り響きます。

 

※地方まで、

鐘の音は聞こえませんから、

中継されます。

 

1回目の鐘の音とともに、

ブドウを一つ食べます。

そのあと

2回目の鐘の音が鳴るとともに、

2つめのブドウを食べます。

このようにして、

トータル12回の鐘が

鳴り響きますので、

人々はトータル12個のブドウを

食べることになります。

 

なぜ「12個、ぶどうを食べるのか?」

については、

マドリッドの有名な

「Puerta del  Sol  プエルタ・デル・ソル」広場にある

大きな時計の鐘が12回なる、

つまり12か月をしめしており、

「新年も良い年であるように」

願いが込められていると聞きます。

 

また鐘の音にあわせて

12個見事に食べることができたなら

新年は幸運になるとも

言われています。

 

スペ子
私もスペインのカウントダウン&年明けを経験しましたが、次の鐘が鳴るまでの間隔って結構短くて、さらにブドウは結構大きいので、鐘の音にあわせて12個ぶどうを食べるのって、けっこう難しいですよ。最後は複数ブドウを口の中に頬ぼる状態になります。 (^^) 

 

このビッグイベントが終わると、

(⌒▽⌒)/゜・:*Feliz  año

nuevooooo  !! あけましておめでとうございます ! 】*:・゜\(⌒▽⌒)

の嵐です。

家族や友人たちはもちろん、

同じマンションの住んでいる周囲の人たち、

広場で出会う

陽気な人たちともども、

みんなで「Feliz  año nuevo  !

あけましておめでとう! 」を

何回言ったか忘れるほど

互いに顔をつけての

私が気に入っているスペイン流

挨拶と一緒に

新しい年が

あけたことを

互いに喜び合います。

 

そして特に若者は、

バルで

またまた飲んだり、

食べたりして

夜中じゅう

バルはしごして、

「Discoteca:ディスコテカ」

で朝方まで

踊ったりして、

楽しーくすごします。

Disfrutalo ! :(楽しんで!) \(^▽^)/

 

※スペインでは

美しい海の見えるビーチエリアで、

バカンス時期も

あっという間に作られる

“ 即席ディスコテカ ” が

登場します。

ダンス好きなので、

年齢関係なく

みんな楽しく踊っています。

年明けから朝方まで、

さらに、

好みで、

おいしいチュロスを味わう

フィナーレで

おおいに楽しんだあとは、

 

元旦の朝になりますが

Zzzzzzzで眠っています。

No puedo levantarme・・・・Zzzz.

 

クリスマス期間のフィナーレイベントは!

ここまでクリスマス期間の

始まりから

カウントダウン&年明けの過ごし方を

紹介してきましたが、

スペインのクリスマス期間の

フィナーレは「1月6日」の

Los Reyes Magos :ロス・レイェス・マゴス 」

です。

 

Los Reyes Magos :ロス・レイェス・マゴス」

の日とは、

新約聖書イエス・キリスト誕生のときに、

東方の三博士・(また東方の三賢者)Melchior:メルキオール:王の権威の象徴 」「 Balthasar:バルタザール:神聖の象徴」「 Casper:カスパール:死の象徴」

輝く星(ベツレヘムの星といわれる)の導きにより、

たどり着いたのが「イエス・キリスト」

の生まれる家だった話から、

1月6日はイエス・キリストが誕生した日に

東方の三博士・(また東方の三賢者)が

誕生日した馬小屋を訪れ、礼拝した

祝日になっており、

この日は伝統的に

子供たちが

プレゼントを

もらう楽しい日となっています。

 

だから、この1月6日(実際は1月5日の夜から)までに、

大人たちは、

子供たちのために

プレゼント準備のために

大忙しです。

 

このように、

スペインでは、

クリスマスの

素敵なプレゼントを届けるのは、

♪「となかいさんと、お髭の長いサンタクロース」さん♪ではなく、

東方の三博士・(また東方の三賢者)です。

 

マドリッドのカウントダウン&年明け動画

 

では、最後に

この参加したくなる

カウントダウンブ&年明けのブドウユニーク習慣が

よくわかる

動画を見つけたので、ご紹介しまーす!

マドリッドでの、カウントダウンの様子が

よくわかりますよ。(^▽^)/

Cicerone Plus | Los mejores lugares, lo mejor de cada lugar CAMPANADAS FIN DE AÑO: Nochevieja Puerta del Sol Madrid (Pre – Uvas) ¡Feliz Año Nuevo 2019!

では、次回「Feliz  año

nuevooooo  !!」

のときまで、

Hasta luegooooo  (⌒ー⌒)ノ~~~