この身振りは何の意味?スペインのジェスチャーいろいろ

スペインのおもしろ文化スペインのおもしろ文化

Hola !

今日は、

スペインの「ジェスチャー」を

学びましょう。

vamos a empezar !   (^▽^)/

初めに、

“ ジェスチャーとは、なんぞや? ”

についての、

ご説明です。

 

 

ジェスチャーとは、なんぞや?

 

「ジャスチャー」は、

スペイン語で「Gesto:ヘスト」

といいます。

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」とは、

簡単に言えば、

相手の方に、

自分の気持ちを

言葉ではなく、

自身の手や、

体全体を使って

伝える【身振り】です。

“ 普段ジャスチャーを、使っていない ”

と、思われる方も

いるかもしれませんが、

気持ちを表現する

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」は、

それぞれの国の文化や

習慣の中に

自然と

溶け込んでいるので、

家族や、友人たちとの

会話の中で、

意識していなくても

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」

使用している方も

いると思います。

 

また「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」は、

家族、

および友人関係の中だけに

存在するのではなく、

スポーツや

仕事など、

多様なシーンで

使用されています。

 

例えば、

野球では、

監督や伝達者が

味方だけにわかる

合図(サイン)としての

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」

あると聞きますし、

 

また戦闘機の

離発着などで

 

指示合図の「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」

使用されている

戦闘機関連の

映画やドラマなどを

視聴したことがある方も

いるでしょう。

 

このように、

「ジャスチャー」は

言葉と同じように、

人々の日常の中で

多く用いられています。

 

「ジャスチャー」は、国により異なる?

 

特に感情を伝える

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」は、

直接、

言葉を伝えなくても、

自身の喜びや、

怒りなどの気持ちを

身振りだけで

伝えることができ、

上手に使えば、

コミュニケーションを

スムーズにするために、

役立つと思います。

 

ここで

Te pregunto !(ご質問します!)

 contestame, por favor

考えて(回答をお願いします)   (^○^)

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」

全世界で

共通なのでしょうか?

あるいは、

「国により異なる」のでしょうか?

⏰estáis  pensando ・・・(読者の方、考え中・・・)

 

答えは、「国により異なる」です。

では、

スペインは

どんな「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」

あるのかを

ご紹介しまーす。(^▽^)/

 

 

スペインの、基本ジェスチャー

 

スペインで、

「良いです!」の

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」は、

親指の先と、

人差し指の先を

くっつけて、

〇の形にします。

これは「está bien :エスタ・ビエン:良いです・いいです(賛同)」の意味です。

※国によっては、

良くない意味に

なりますので、

注意してください。

また、

親指だけを立てる(残りの4本指は丸める)「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」も

de acuerdo:デ・アクエルド:了解」や、

está bien」などの意味を示します。

※国によっては、

異なる意味に

なりますので、

注意してください。

 

次は、

とても分かりやすい

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」です。

人差し指と、中指だけを立てる形は、

そのまま

2つ:dos:ドス」を意味します。

また「平和:paz:パス」などの

意味もあります。

 

さらに

親指と小指だけをたてた形

(残りの3本指は丸める)のまま、耳に当てる」形

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」は、

te llamo:テ・ジャモ:君に電話します」や、

llamame:ジャマメ:私に電話して

の意味になります。

 

次は、

手のひらの

5本指を広げて

体の前に出す「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」は、

「とまれ」の意味です。

例えば、

車のスピード違反とか、

飲酒運転などの

車を見つけて

駐車させるときに、

「policía:ポリシィア:警察」の方が

使用したりする場面が多いです。

この「とまれ!」の

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」は、

“ 反抗したな ” と

思われないように、

“ 知らなかった ” が

通用しない場面で、

自分を守るためにも、

役立ちますので、

覚えておきましょう。(^^)

 

では、どんどん adelante!

 

buenísimo(a)!:とてもおいしいです!

の意味を示すとき

最初に

口の前で「グーのように」

手を丸め(5本指の先全部が口側になる)、

その後すぐに、

5本指が花開くように、

それぞれの指を

開きながら、

手前に出します。

 

最後は、

レストランで

役立つ「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」です。

右手がきき手の場合、

左の手のひらを

横(全指先が右方向になる状態)にして

左の手のひら上で、

右の手は

ペンを持つような形にします。

さらに

ペンを

にぎったつもりで

手を動かしながら、

(左から右側方向に)

何か文字を書くような

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」

は、

レストランで

お食事が終わった後に

「もう食事が、終わりました。

お会計(勘定)を、お願いします」

の意味です。

※聞き手を

上にあげて、

空間に文字を書くような

「ジェスチャー:Gesto:ヘスト」を

する方もいます。

どちらを使うかは、

その方の

好みだと思います。

言葉で言えば、

「会計を、お願いします:La cuenta, por favor :

ラ・クエンタ・ポル・ファボル」です。

 

そのほか

まだまだ

たくさんの「Gesto:ヘストス」

がありますが、

スペインの

いろいろな「Gestos:ヘストス」

を学べる

動画も用意していますので、

スぺコ&スぺニャン解説は

これで、

終わります。(^^)

 

 

スペコ
私の好きな、また使いやすいGestosは、más o menosや、buenísimaです。スペインのGestoは、体が覚えてしまっていて、日本でも、自然と出てしまう時があります。(^^)

 

 

 

スペインの、いろいろ「ジャスチャー」(動画)

 

youtube動画です。

SpanishPodcast.net:Aprende español: Comunicación no verbal. Gestos con las manos en España

 

 

上記動画、楽しく学べました。(^^)

ご紹介した「Gestos:ヘストス」も含めて、

いろいろな、

Gestos:ヘストス」を学べます。

Gestosは、Gestoの複数形です。

スペインの講師が説明する

スペイン語ヒアリングと一緒に

楽しんでください。

では、

次回も楽しく

スペイン語や、

スペイン旅文化を

学びましょう。

Hasta luegooooo     (⌒ー⌒)ノ~~~