スペイン語の基本文法「序数詞:数字横上にある0は?」

スペイン語の基本文法序数詞スペイン語の基本文法

Hola !

今回は、

スペイン語の「序数詞」を学習しましょう。

Vamos  a empezar     (^▽^)/

 

 

序数詞とはなんぞや?

 

「序数詞」は、名詞と一緒に

「最初の」とか「4番目の」などの順序を示し

スペイン語で

序数詞は(総合的呼び名)「 los números ordinales:ロス・ヌメロス・オルディナレス

と言います。

※単数形「el nùmero ordinal 」という場合もあります。

 

 

また序数詞は、1から1000以上あるのですが、

日常的に使用するのは、

1番目から10番目ほどまで」なので、

まず1番目から10番目までを

覚えておくと、

ほぼ困らないと思います。

 

基数の「1:uno:ウノ」「2:dos:ドス」

「3: tres:トレス」とは異なり、

 

スペイン語序数詞の

スペルと読み方は、次のようになります。

adelante  (^○^)

 

 

1番目から10番目までは、何ていう?

 

では、1番目から10番目の序数詞を覚えましょう。

1:primero: プリメロ:1番目・最初:1º 」

2:segundo:セグンド:2番目:2º 」

3:tercero:テルセロ:3番目:3º 」

 

4:cuarto:クアルト:4番目:4º 」

5:quinto:キント:5番目:5º 」

6:sexto:セ(ク)スト:6番目:6º 」 

※「X」はクスと発音するのですが、

早い発音のときは、クよりも、を意識して発音してください。 

※詳しくは、スペイン語の基本文法「アルファベットと発音」

を参考に。

 

7:séptimo:セプティモ:7番目:7º 」

8:octavo:オクタボ:8番目:8º 」

9:noveno:ノべノ:9番目:9º 」

10:décimo:デシモ:10番目:10º 」

※通常は「最初の」「○番目の」の形で使用されることが多いです。

 

 

11番目から20番目までは?

 

でも、10番目以上の序数詞も学習したいな

と思う方は

11番目から20番目も学びましょう。

 

11:undécimo:ウンデシモ:11番目:11º 

12:duodécimo:ドゥオデシモ:12番目:12º 」

13:decimotercio:デシモテルシオ:13番目:13º 」

※「decimotercero」の言い方もあります。

 

14:decimocuarto:デシモクアルト:14番目:14º 」

15:decimoquinto:デシモキント:15番目:15º 」

16:decimosexto:デシモセ(ク)スト:16番目:16º 」

 

17:decimoséptimo:デシモセプティモ:17番目:17º 」

18:decimoctavo:デシモクタボ:18番目:18º 」

19:decimonono:デシモノノ:19番目:19º 」

※「decimonoveno」の言い方もあります。

20:vigésimo:ベィヘシモ:20番目:20º 

 

のように、序数詞が続いていきます。

 

また、

数字の横上に記されている

「º」や「ª」って何だろう?

という疑問をもっている方が多いようですが、

これについて学習しましょう。(^▽^)/

 

「º」や「ª」の示すものは?

 

序数詞を書くときに、

数字の横上にº」や「ªが記されているのを

見たことがあると思います。

この疑問について、

はじめに、

序数詞の基本形式は

語尾の「o」で完了します。

また序数詞は、修飾(くわしく説明する)名詞の数や性別により

変化するということを前提として、

この「º」や「ª」は

序数詞につく名詞が「男性名詞」なのか

あるいは「女性名詞」かを、

簡潔に示しています。

 

序数詞を、数だけで示す(略記)する場合

序数詞につく名詞が

男性名詞の場合、

数字+「º」になります。

 

一方、序数詞につく名詞が

女性名詞であった場合、

数+「ª」の形になります。

 

身近な例として

スペインの住所で

たとえば、

スペイン住所欄で 「 2º」のような

序数詞を数だけで記している書き方を

見たことがある人もいると思いますが、

この数字の横上の「º」を見れば、

例えば 建物が男性名詞(piso:男性名詞:マンションの階)などと

判断できます。

また住所で

数+ 「ª」は、planta (女性名詞:建物の階)などを示しています。

簡単にいえば、基本的に序数詞は

名詞とセットなので、

「~の○階」

目印のような意味合いを持ちます。

※まとめると、

序数詞略記(数字の横上の「º」や「ª」)は、

見ただけで、名詞の性別を判断でき、かつ②名詞の性別により

序数詞が「男性形」あるいは「女性形」かに

変化していることを示しています。

※「2º」→ 文字で示すと「segundo」になり。

「2ª」→ 文字で示すと「segunda」になります。

 

 

序数詞が変化するのは、どんな時?

 

序数詞が変化するのは

以下の「A」「B」「C」の

3通りの場合です。

 

「A」の場合

 

序数詞につく名詞が

複数形の場合は、

序数詞も複数形になります。

(例)

「las primeras horas :ラス・プリメラス・オラス:最初の数時間」

※名詞の単数形は「la hora」。

「los primeros  días:ロス・プリメロス・ディアス:最初の日々」

名詞の単数形は「el  día」。

 

 

「B」の場合

 

序数詞につく名詞が

男性名詞なら、

序数詞も 語尾が「o」になります。

また序数詞につく名詞が

女性名詞なら、

序数詞は 語尾が「a」に変化します。

(例)

「la primera  página:ラ・プリメラ・パヒナ:最初のページ」

「el capítulo primero:エル・カピトゥロ:プリメロ:第1章」

「la lección primera:ラ・レクシオン・プリメラ:第1課」など。

 

 

「C」の場合は?

 

序数詞が「primero」あるいは「terceroのいずれかで、

序数詞の後につく名詞が

単数の男性名詞である場合は、

序数詞の語尾の「o」がなくなります。

 

(例)

「el primer dìa:エル・プリメル・ディア:最初の日」

dìaは「 el dìa:単数の男性名詞」だから、

primeroの語尾の「o」がなくなり、

primer の形に変化する。

 

「el tercer mes:エル・テルセル・メス:三番目の月」

mesは「 el mes :単数の男性名詞」なので、terceroの語尾の

oがなくなりtercer の形に変化する

 

※ 序数詞は基本的に、 「名詞の前」につきます。

ただし、「1章・1課」など

並べて示すなどの場合

序数詞は「名詞の後ろ」につく場合もあります。

 

 

 

「序数詞まとめ」チェック!

序数詞のポイント」をチェックしましょう。

基本:名詞の前について、「最初の」「○番目の」などの順序を示す。

序数詞+名詞」が基本形。

定冠詞と一緒に用いる場合が多い。

修飾する(詳しく示す)名詞の数や性別により、変化する。

 

数字の横上の「º」や「ª」について、序数詞略記「º」は序数詞基本形を示し、

また、序数詞略記「º」や「ª」は、いずれも序数詞につく名詞の性別により変化する。※特に序数詞略記のみの場合、名詞の性別を判断できる。

序数詞「primero」、「tercero」の後につく名詞が

単数の男性名詞であるとき、

それぞれの序数詞の語尾の「o」がなくなる。

 

 

スペ子
  序数詞の総合的呼び方は「los números ordinales:ロス・ヌメロス ・オルディナレス」と言いますが、1、2、3、のような基本の数(基数詞)は、何て言うのかな?

 

スぺニャン
 基数詞の総合的呼び方は「 los números  cardinales:ロス・ヌメロス・カルディナレス」って言うんだよ。

 

では、次回も楽しく

スペイン語文法とスペイン旅文化を

学びましょう。

hasta luegoooooo    (⌒ー⌒)ノ~~~