スペイン語の基本文法「合体するから読みやすい!del と al 」

スペイン語の基本文法スペイン語の基本文法

Hola ! 

¿ Cómo está ?  (^▽^)/

秋の紅葉が

美しい季節になったと思っていたら、

あっというまに、

コートが必要な

冬のおとずれを

感じさせる

風景に変わってきている

日本ですが、

これからも

寒さに負けないで、

スペイン語を楽しく

学習していきましょう!

 

今回は、

簡単そうで、

理解していないと

スペイン語会話や

スペイン語の文章を

勘違いしてしまいやすい

合体「del」と「al」について

学びます。

adelante ! (^▽^)/

 

 

「del」ってなに?

簡潔にいえば、

「 del 」は、

前置詞である「 de 」と、

男性単数形の定冠詞「 el 」が合体した形です。

“なんでそうなるんだ? 

誰が決めたんだ? ”( ̄ー ̄?)

とか思わずに、

数学の公式のように、

とにかく

「 de(前置詞)+ el(定冠詞:男性単数形)=del 」と覚えましょう。

 

前置詞「de」の意味は、

代表で「~の」「~に関して」「~から」など、

たくさん意味があります。

 

たとえば、

「Éste  es  el  bolígrafo  del  Sr. González.  

エステ・エス・エル・ボリグラフォ・デル・セニョル・ゴンサレス

:これは、ゴンサレス氏(さん)のボールペンです。」

del  Sr. González.分解すると

de+El señor González 

になります。

 

また、

「Ésta  es  la  casa  del  profesor Miguel.

エスタ・エス・ラ・カサ・デル・プロフェソル・ミゲル

:これは、ミゲル先生の家です。」

del  profesor  Miguel.を分解すると、

de +  el  profesor  Miguel.

などの使い方があります。

 

 

「 al 」とは?

al 」は、前置詞「 a 」と、

男性単数形の定冠詞 「 el 」が、

合体した形です。

これも、

数学の公式のように

「 a(前置詞)+ el(定冠詞:男性単数形)=al 」

になると覚えましょう。

前置詞「a」の代表的な意味は

「~に」などです。

 

どんな場合に使用するかの例として、

「Barcerona  está  al  este  de Madrid.

バルセロナ・エスタ・アル・エステ・デ・マドリ

:バルセロナは、マドリッドの東にあります。」

※  al  este  de Madrid.を分解すると、

  a  +  el  este  de  Madrid. になります。

 

また、

Escribo una carta  al  señor  López.

エスクリボ・ウナ・カルタ・アル・セニョル・ロペス

:私は、ロペス(氏、さん)に手紙を

書きました」

などの使い方があります。

al  señor  López. を分解すると、

a + El  señor  López. になります。 

 

この「del」「al」の合体法則は、

スペイン語文法での

規則というだけでなく、

この決まりによって、

スペイン語の文章が

読みやすくなります。

また本場のスペイン語会話を

聞き取りやすくなりますよ。

だから、

よく覚えておいてくださいね。(^^)

 

「ポイント」

de(前置詞)+ el(定冠詞:男性単数形)=del

a(前置詞)+ el(定冠詞:男性単数形)=al

 

覚えた後のメリットは、

「スペイン語の文章が、読みやすくなる。

スペイン語の会話が、より聞き取りやすくなる」です。

 

スペコ
スペイン語の文法規則は、他の外国語と同様に覚えることが多くあるけど、少しずつ理解して、さらに書いたり、読んだり、会話したりと、実践していくことで自然と使用できるようになるので、あせらず、ゆっくり確実に学習しましょう。(^^)

 

スぺニャン
寒くなったけど、まだ紅葉が見ごろのエリアもあるよね。紅葉は「arce:アルセ」って言うんだよ。「¡Qué arce japonés mas hermoso !:なんてきれいな紅葉でしょう!」  などの言葉も知っておくと、スペイン人の彼氏や友人と紅葉観賞に行くときに、楽しく会話できると思うニャン。 (^○^)

 

では、次回も

楽しくスペイン語や

スペイン旅文化を

学びましょう。

hasta luegoooo   (⌒ー⌒)ノ~~~