スペイン語の基本文法「点過去:2回目」

スペイン語の基本文法点過去スペイン語の基本文法

Hola !

今回は、

前回学習しました

過去記事:

の続きで、

前回の

「基本的な点過去動詞活用」以外の

「点過去の動詞活用」を

学びましょう。

Vamos  a  empezar  (^▽^)/

 

 

「語根が母音で終わる」点過去動詞活用とは?

 

では、

すでに学習した

基本的な「点過去の動詞活用」とは

異なる

「語根が母音(a,e,i,o,u)で

終わる「er動詞」「ir動詞」の点過去動詞活用

学びましょう。

 

※語根とは、単語を構成している要素の中で、

単語の意味の基礎となる部分で、

“これ以上は、分解できません”

の最小単位

 

スペイン語動詞の語根が

母音(a,e,i,o,u,)で終わる

動詞について、

例えば

leer:レエル:読む」 caer :カエル:落ちる」

huir:ウイル:逃げる」  などがあります。

 

わかったような、

わからないような

・・・( ̄  ̄;) うーむ ummm ?

という方も

いると思いますので

理解しやすいように、

「語根母音変化動詞」の基本について、

お話ししておきます。

adelante (^▽^)/

 

語根母音変化動詞とは?

 

「語根母音変化動詞」とは、

動詞の語尾変化は

規則動詞と同じなのに、

語根の母音の形が変化する、

(語根の最後の母音に、

アクセントがつく場合もある)動詞のことです。

例えば、

「ar動詞」の場合は、

語尾変化は、hablarなどの規則動詞と同じですが、

単数1人称「pensar ➡ pienso」「contar ➡ cuento」

「jugar ➡ juego」になります。

 

「er動詞」の場合は

単数1人称「querer ➡ quiero 」「 mover ➡ muevo」

 

「ir動詞」の場合は、「 sentir ➡ siento」「 dormir ➡ duermo」

「pedir ➡ pido」のように変化します。

 

※「語根母音変化動詞」については、

今後、スペイン語の文法で

詳しく学習します。(^^)

 

では、

「語根が母音(a,e,i,o,u)で

終わる「er動詞」「ir動詞」の点過去動詞活用」

について、

どのように変化していくのか?

を学びましょう。

adelante (^▽^)/

 

 

こんなふうに変化します、点過去動詞活用

 

「動詞:caer:カエル:落ちる」

【単数形】

「1人称 yo:caí:カイ:私は、落ちました」

「2人称 tú:caíste:カイステ:君は、落ちました」

※「3人称 él、ella、usted :cayó:カヨ:彼は、彼女は、あなたは、落ちました」

 

【複数形】

「1人称 nosotros:caímos:カイモス:私たちは、落ちました」

「2人称 vosotros: caísteis:カイステイス:君たちは、落ちました」

 「3人称 ellos、  ellas、  ustedes:cayeron:カイェロン:彼らは、彼女たちは、あなた方は、落ちました」

 

 

「動詞:leer:レエル:読む」

【単数形】

「1人称 yo:leí:レイ:私は、読みました」

「2人称 tú:leíste:レイステ:君は、読みました」

「3人称 él、ella、usted :leyó:彼は、彼女は、あなたは、読みました」

 

【複数形】

「1人称 nosotros:leímos:レイモス:私たちは、読みました」

「2人称 vosotros:leísteis:レイステイス:君たちは、読みました」

 「3人称 ellos、ellas、ustedes:leyeron:彼らは、彼女たちは、

あなた方は、読みました」

 

「動詞:huir:ウイル:逃げる」

【単数形】

※「1人称 yo:hui:ウイ:私は、逃げました」

「2人称 tú:huiste:ウイステ:君は、逃げました」

「3人称 él、ella、usted :huyó:ウヨ:彼は、彼女は、あなたは、逃げました。

 

【複数形】

「1人称 nosotros:huimos:ウイモス:私たちは、逃げました」

「2人称 vosotros:huisteis:君たちは、逃げました」

 「3人称  ellos、ellas、ustedes:huyeron:彼らは、彼女たちは、あなた方は、逃げました」

 

 

「動詞:oír:オイル:聞く」

【単数形】

「1人称 yo::オイ:私は、聞きました」

「2人称 tú:oíste:オイステ:君は、聞きました」

「3人称 él、ella、usted :oyó:オヨ:彼は、彼女は、あなたは、聞きました」

 

【複数形】

「1人称 nosotros:oímos:オイモス:私たちは、聞きました」

「2人称 vosotros:oísteis:オイステイス:君たちは、聞きました」

「3人称 ellos、ellas、ustedes:oyeron:彼らは、彼女たちは、あなた方は、聞きました」

 

 

「ver」は、どう変化する?

 

 

「動詞:ver:ベル:見る」

「ver」の

点過去動詞活用は、

以下のようになります。

 

【単数形】

※「1人称 yo:vi:ビ:私は、見ました」

「2人称 tú:viste:ビステ:君は、見ました」

※「3人称 él  ella usted :vio:ビオ:彼は、彼女は、あなたは、見ました」

 

【複数形】

「1人称 nosotros:vimos:ビモス:私たちは、見ました」

「2人称 vosotros:visteis:ビステイス:君たちは、見ました」

「 3人称 ellos、  ellas、  ustedes:vieron:ビエロン:彼らは、彼女たちは、あなた方は、見ました」

 

このように、

「ver」の点過去動詞活用は、

アクセントがない

動詞活用になります。

 

このほかにも

「点過去での、語根が母音でおわる動詞」がありますので、

各人で、調べてみてください。

 

 

覚えるポイントは?ここをチェック!

 

上記の動詞活用を見て、

“どこが変化した?”

と思う方も

いるかもしれませんが、

目を大きく開いて、

それぞれの

動詞変化の形を

一つずつ

 👀  よーーーーーーーーく見ると、

基本的な点過去動詞活用の

変化と比べて

アクセントや、単語に

微妙な違いがありますので、

まちがわないように

してください。(^^)

 

「基本的な点過去での「er動詞」「ir動詞」変化のポイント」

単数1人称単数3人称の動詞に「アクセント」がある。

このポイントに注意しながら

上記の動詞活用をチェックすると

微妙な違いが、わかりますよ。

 

※また、

語根母音変化動詞:ar動詞」「er動詞」

点過去動詞活用は、

基本的な点過去動詞活用と

同じになります。(単数1人称と、単数3人称にアクセントがある) 

 

今日は、ここまででーす。

今度こそ、

perfectoooooo \(^▽^)/

といいたいところですが、

今まで学習した

「基本形の点過去動詞活用」と

「語根が母音でおわる「er動詞」「ir動詞」活用」

に加えて、

さらに

別の変化パターンになる

「点過去での動詞活用」

残っていますので、

次の回では、

最後の「別パターン動詞活用」と

「点過去用法」について

学習しまーす。

では、

次回も

たのしく

スペイン語や

スペイン旅文化を

学びましょう。

hasta    luegoooooo (⌒ー⌒)ノ~~~