スペイン語の基本文法「直説法現在完了:(2)」

スペイン語の基本文法スペイン語の基本文法

Hola !

過去記事:スペイン語の基本文法「直説法現在完了」

の続きです。

今回は、

ご説明した

「おもな3つの用法」に追加で、

「こういう場合も、直説法現在完了が使用されるのか」

という用法を

学びましょう。

Vamos a empezar !  (^▽^)/

 

直説法現在完了の用法(4)【過去の行動・状態により、現時点まで結果が影響する場合】

直説法現在完了の用法

【過去の行動・状態により、現時点まで結果が影響する場合】とは、

簡単に言えば「(過去の行動・状態)により、(過去~現時点まで)~してきた」の意味を示します。※今日まで=現時点まで。

(例A)  La Industria de TI ha prosperado  mucho

:ラ・インドゥストリア・デ・TI・ア・プロスペラド・ムチョ

:IT産業は、(※現時点まで)とても栄えてきました」

※日本では、「IT」産業と言われますが、

スペイン語は「TI」です。la Tecnología de  la Informaciónの略。

Desde pequeño  he deseado tener  casa  propia  

:デスデ・ペケニョ・エ・デセアド・テネル・カサ・プロピア

:幼いころから、(※現時点まで)自分の持ち家をほしいと、思ってきました」

 

【ポイント】

今後の学習で、「直説法遡及未来の活用・用法」

「直説法過去完了の活用・用法」、

「直説法瞬時過去の活用・用法」や

「直説法継続過去の活用・用法」の組み合わせ、

さらに「接続法の活用・用法」なども

出てくるのですが、

このような活用や用法が

増えてくると、

正直、文章解説だけでは

頭の中が

「ごっちゃ、ごっちゃ・・・」ummm ( ̄  ̄;) ??・・

になりやすく、

理解が難しくなるので、

「それぞれの用法の場面を思い描く、豊かなイメージ力」

自分で書いて時制図を作る」ことが、

理解するための早道です。

(一つの図例ですが)

así・・・(このように)(^^)

過去~       .未来~             

「 . 」は「現時点」を示す。現時点(1点)の一瞬先は未来になる

「過去:直線」「未来:直線」を示します。

上記(例A)場合、現時点(1点)までに区切りをおいたことで、

直説法現在完了形が使用されています。

また(例A)

例えば「IT産業は、(現在も継続して)繁栄しています

を表現したい場合、

「継続」は、現時点(1点)までの

区切りがない状態であり、

「 . 」(現時点)「未来:直線」と続いていくので、

現在の時制(直説法現在)が使用されます。

(例)「 Los negocios  prosperan :ロス・ネゴシオス・プロスペラン

:商売は、成功している(繁栄している)」

要は「ある状態(結果)について、どのように表現したいか?(どのように表現されているか)」

で、活用が変わります。

表現する側の自由です。(^^)

 

※ただし、「過去から(現時点を含め)継続されている」

ことを示す場合、

スペイン語独特の構文などが

使用される場合もあります。

Espero que haya entendido bien  ! (⌒-⌒)

 

 

直説法現在完了の活用を使用しないで、現在完了を示す活用は?

今まで、学習してきた

直説法現在完了の活用を使用しないけど、

決まっている構文を使い、

現在完了の用法を示すこともできます。

動詞は「acabar:終わる」を使います。

構文はacabar de 不定詞:今(現時点で)~したばかりである」

の意味になります。

(例)「Maria acaba de salir :マリア・アカバ・デ・サリル

:マリアは、外出したばかりです(外出したところです)」

Acabo de llegar a estación:アカボ・デ・リェガル・ア・エスタシオン:私は、駅に到着したばかりです(到着したところです)」

llegar は、ジェガルと呼ぶ人もいます。

そのほか、

「Tener +過去分詞:~しました、~してあります」

の活用もあります。

【直説法現在完了】Ya he escrito la carta:ヤ・エ・エスクリト・ラ・カルタ

:すでに、その手紙を、書いてしまいました」 

【tener +過去分詞】「Ya tengo escrit la carta:ヤ・テンゴ・エスクリタ・ラ・カルタ

:すでに、その手紙は、書いてあります」

※「tener+過去分詞~」は、直接目的語(~)の

数や性により変化します。

 

 

直説法現在完了を示す、そのほかの構文や動詞は?

「直説法現在完了」を示す、

スペイン語独自の構文や動詞を学びましょう。

【llevar】

「llevar:リェバル(またはジェバル)」は、

(代表で)「連れていきます、持っていきます」などを

意味しますが、

「直説法現在完了」の用法を

表現することもできます。

(例)「¿ Cánto tiempo lleva usted en España ? 

:クアント・ティエンポ・リェバ(またはジェバ)・ウステ

・エン・エスパニャ?:スペインに来てから、どのくらいになりますか?」

※どのくらいの時間を過ごしていますか?(経過していますか)?

を意味する。

 

【 Hace ~ que・・・ 】

 

構文Hace ~ que・・・」は、

「・・・している期間が、~年になります」の意味を示します。

(例)「 Hace dos años que estudio español

:アセ・ドス・アニョス・ケ・エストゥディオ・エスパニョル

:スペイン語を学習している期間が、2年になります」

もっと簡潔に言えば、

「スペイン語を習って、2年になります」

の意味です。

 

 

haber と 過去分詞、どちらを強く発音する?

 

「直説法現在完了」での発音について、

例えば「he visto」の意味を考えたときに、

「ver:見る」の動詞のほうを

強く発音しがちなのですが、

この場合「he visto」 「has dicho 」

のように、

過去分詞も

はっきり伝えながらも、

haberの活用の方を

より強く発音してください。

 

スペコ
過去・現在・未来を含む活用・用法は、「時制図」を作ると、理解しやすいですよ (^^)

 

スぺニャン
スぺコも、何回も手書きで、過去・現在・瞬時過去・継続過去などの時制図を、色分けしたりして、繰り返し書いて覚えていたね (^^) 

 

では、次回も

楽しく、

スペイン語と

スペイン観光文化を

学びましょう。

Hasta luegoooooo   (⌒ー⌒)ノ~~~