スペイン語の基本文法「直接目的格人称代名詞(2)」

スペイン語の基本文法スペイン語の基本文法

Hola !

今回は、過去記事:

の続きで、

前回は、「(人以外の)物の場合」でしたが、

今回は「人の場合」や「不定詞の目的語になる場合」などを

学習しましょう。

では、

vamos a empezar !  (^▽^)/

 

直接目的格人称代名詞が「人の場合」は?

 

過去記事:スペイン語の基本文法「直接目的格人称代名詞」

の目次 2「直接目的格人称代名詞」の活用は?」

で学習した、

「直接目的格人称代名詞」の活用は、

簡単に復習すると、

単数:metelo(le)」「la

複数nosos los (les)」「las

でしたね。

また(le)(les)は、

スペインの文法と、

南米スペイン語使用国の文法とで

多少、扱い方が異なり、

スペインの文法では、

(le)(les) を使用する場合が多いですが、

南米スペイン語を使用する国では、

(le)(les) を、一般的に使用しないです。

 

このことを理解したうえで、

「直接目的格人称代名詞」(~を)が

「人の場合」には、

どのようになるかを

学びましょう。

 

直接目的格人称代名詞が

「人の場合」(~を)に

「le」を使用する場合が多いのは、

直接目的語(~を)が、「男性単数形の場合」です。

具体的な例として、

(基本形):  ¿ Conoces  a Miguel ?   Sí  lo  conozco.

この「lo」を、「 Sí  le  conozco」にする場合が

多いということです。

※「lo」あるいは「le」の

どちらを使用しても、

間違いではないけど、

スペインで使用するか、南米で使用するか、

また、話し相手がスペインの方か、南米スペイン語使用国の方かでも

使い分けた方がいい場合も、あるでしょう

 

もうひとつ、

直接目的格人称代名詞が

「人の場合」(~を)に

「le」を使用する場合が多いのは、

直接目的語(~を)が、

「尊称 usted の場合」と「尊称:ustedes の場合」です。

 

話し相手が「単数3人称:usted」の場合は、

(例)(基本形)「Don Miguel ,  lo invito  a usted  a comer :

ドン・ミゲル、ロ・インビト・ア・ウステ・ア・コメル

:ミゲル様、私は、あなたを、食事にご招待いたします」

の「lo」の部分を

「Don Miguel ,  le  invito  a usted  a comer:

ドン・ミゲル、レ・インビト・ア・ウステ・ア・コメル

:ミゲル様、私は、あなたを、食事にご招待いたします」

のように「le」を使用する場合が多いです。

 

同じように、

(基本形)「Doña Maria,  la invito  a  usted  a  comer

:ドニャ・マリア、ラ・インビト・ア・ウステ・ア・コメル

:マリア様、私は、あなたを、食事にご招待いたします」 

の「la」の部分を、

「Doña  Maria ,  le invito  a  usted  a  comer

:ドニャ・マリア、レ・インビト・ア・ウステ・ア・コメル

:マリア様、私は、あなたを、食事にご招待いたします」

のように、「le」を使用する場合が多いです。

 

このように、

複数3人称:ustedes」の場合も同様で、

「señores ,  los invito  a ustedes a comer

:セニョレス・ロス・インビト・ア・ウステデス・ア・コメル

:皆さん、私は、あなた方を、食事にご招待いたします」

の「los」の部分が、

 「señores , les  invito  a ustedes a  comer

:セニョレス・レス・インビト・ア・ウステデス・ア・コメル

:皆さん、私は、あなた方を、食事にご招待いたします」

les に変化する場合が

多いです。

 

また

「 señoritas ,   las   invito  a ustedes  para  ver películas

:セニョリタス・ラス・インビト・ア・ウステデス・パラ・ベル・ペリクラス

:お嬢さんがた、私は、あなた方を、映画鑑賞にご招待します」

の「las」の部分が、

「señoritas ,   les   invito  a ustedes  para  ver películas

:セニョリタス、レス・インビト・ア・ウステデス・パラ・ベル・

ペルクラス:お嬢さんがた、私は、あなた方を

映画鑑賞にご招待します」

「les」に変化する場合が多いです。

 

※「usted」「ustedes」は

スペイン語の「尊称」なので、

日本語的には、「あなた様」「皆さま方」などのほうが

訳として適していると思いますが、

スペイン語文法・スペイン語辞書で

訳されている書き方「あなた」「あなた方」に、合わせました

 

 

不定詞の目的語になる場合は?

 

次は、「不定詞(原形)の

目的語(~を)になる場合」は、

どのように「直接目的格人称代名詞」

を使うか?を学びましょう。

adelante ! (^▽^)/

 

「不定詞の目的語になる場合」というのは、

例えば、

「Voy a  llamarla por  teléfono :ボイ・ア・リャマル

ポル・テレフォノ:

私が、彼女に電話をしてみましょう」

このように、不定詞の目的語になる場合は、

不定詞の最後に、「直接目的格人称代名詞」をくっつけて

使うのが一般的ですが、

「直接目的格人称代名詞」を、不定詞と切り離して

使用する場合もあります。

(例)La  voy a llamar por teléfono

:ラ・ボイ・ア・リャマル・ポル・テレフォノ

彼女には、私が電話をしてみます」

 

 

直接目的語の代名詞や名詞を、強調する場合は?

 

では、

直接目的語を、

「強調」(あることがらを、特に示すこと)したい場合は、

どのように「直接目的格人称代名詞」を

使用するのかを

学習しましょう。

「~を」にあたる直接目的語の「名詞」

あるいは「代名詞」を

強調したい場合は、

目的語にあたる言葉を、文頭に持ってきて、

その後に続く文章中で、

再度「直接目的格人称代名詞」を使って文章を作ります。

例えば、

「No  entiendo  esta pregunta:ノ・エンティエンド・エスタ・プレグンタ

:私は、この問題を理解しません」

の「この問題」を、強調(特に示したい)したい場合は、

esta pregunta  no la entiendo :エスタ・プレグンタ・ノ・ラ・エンティエンド:この問題は、私にはわかりません」

「esta pregunta」la」

は、同じ「目的語」を示しています

 

“ なぜ、一度はっきり示したことを、また繰り返すのか? ” 

・・・( ̄  ̄;)?

と、疑問に思う方も

いるかもしれませんが、

「強調」したい場合は、

このようにスペイン語文法の

ルールですので、あきらめて、

そのまま覚えましょう。(^^)

また、

「No veo  a Miguel  estos días:ノ・べオ・ア・ミゲル・エストス・ディアス:私は最近、ミゲルに会いません」

の場合も、目的語(~を)になる

a Miguel」を強調したい場合は、

A Miguel  No le veo  estos días」の形に変化します。

「A Miguel」le」

は、同じ「目的語」を示しています

※今後の文法でも学習しますが、

上記の例のように、「直接目的語が、特定された人を示す場合」

人を表す不定代名詞や、疑問代名詞が、直接目的語になる場合」に

「a」を付けます

さらに、

「Todo el mundo  te conoce :トド・エル・ムンド・テ・コノセ

:みんな、君を知っています」

の、「君を」を強調したい場合は、

A ti  te conoce  todo el mundo

:ア・ティ・テ・コノセ・トド・エル・ムンド

:君のことなら、みんな知っています」となります。

 

今日は、ここまででーす!

perfectooooo \(^▽^)/

では、

次回もたのしくスペイン語や、

スペイン観光文化を

学びましょう。

hasta luegooooo   (^▽^)/