スペイン語「ビジネス会話:注文や在庫など」

スペイン語「ビジネス会話」スペイン語「ビジネス会話」

Hola !

今回は、

「注文」や「商品の在庫」などに関する

やりとりを

スペイン語で学びましょう。

Vamos a empezar  !  (^▽^)/

 

注文に関して、役立つ言い方は?

 

¿ Están  preparados  para  hacer  un pedido ?:エスタン・

プレパラドス・パラ・アセル・ウン・ペディド?

:ご注文を、いただけますか?」

ofrecemos un 10% de  descuento  en  pedidos al por mayor

:オフレセモス・ウン・ディエス・ポル・シエント・デ・デスクエント

・エン・ペディドス・アル・ポル・マヨル

:大型注文(大量注文)は、10%割引いたします」

 

la fecha  de acuse  de recibo  del pedido  es el 2 de junio

:ラ・フェチャ・デ・アクセ・デ・ㇽレシボ

・デル・ペディド・エス・エル・ドス・デ・フニオ

:注文の受領通知日は、6月2日でございます」

※「acuse  de recibo:受領通知」

 

me temo que  tendremos que posponer  nuestro pedido

:メ・テモ・ケ・テンドレモス・ケ・ポスポネル・ヌエストロ

・ペディド:(危惧の気持ち)私たちの注文を、延期しなければなりません」

※「me temo :危惧する・恐れる」(原形)不定詞「temerse 」

 

¿ Podrían  confirmar  su pedido  por escrito , por favor ?

:ポドリアン・コンフィルマル・ス・ペディド・ポル

エスクリト、ポル・ファボル?

:書面にて、あなた様の、ご注文をご確認いただけますか?」

les notificaremos  cualquier  retraso :レス・ノティフィカレモス・クアルキエル・ㇽレトラソ: いかなる遅れも、ご連絡いたします」

 

hacer un pedido :アセル・ウン・ペディド:発注します」

repetir el pedido :ㇽレぺティル・エル・ペディド:追加注文します」

el pedido pendiente :エル・ペディド・ペンディエンテ:繰り越し注文」

cancelar :カンセラル・キャンセルする(取り消します)」

 

 

「在庫」に関する言葉は?

 

tenemos  un grave  déficit de existencias:テネモス・ウン・グラベ・デフィシ(トゥ)・デ・エ(ク)スイステンシアス

:非常に、在庫が不足しております」 

renovar  las  existencias :ㇽレノバル・ラス・エ(ク)スイステンシアス

:在庫を補充します」

sin existencias :シン・エ(ク)スイステンシアス

:在庫なし」

en existencias :エン・エ(ク)スイステンシアス:在庫あり」

preparado・プレパラド:準備完了」

※「preparada:プレパラダ:準備完了」

recibir :ㇽレシビル:受領します」 

ofrecer :オフレセル:オファーします」

 

 

見積もりの時は?繰り上げたい時は?

 

【見積もりに関する言葉】

¿ hasta cuándo  es válido  el presupuesto ?:アスタ・クアンド・エス・バリド・エル・プレスプエスト?

:見積もりの有効(期限)は、いつまでですか?」

¿Podría presupuestarnos (数) unidades ?:ポドリア

・プレスプエスタルノス・(数)・ウニダデス?

:(数)個分の費用を、見積もっていただけますか?」

※「presupuestar:プレスプエスタル:~の予算をたてる」

presupuestar ~ en(見積もり額):プレスプエスタル ~ en(見積もり額):~ を(見積もり額)と見積もる」

 

 

【繰り上げ、その他に関して】

nos gustaría que adelantaran la fecha  de entrega 

:ノス・グスタリア・ケ・アデランタラン・ラ・フェチャ・デ・エントレガ

:納入日を繰り上げます」

entregar un pedido :エントレガル・ウン・ペディド:注文品を渡します」

¿ Podría  extenderme  un recibo ?:ポドリア・エ(ク)ステンデルメ・ウン・ㇽレシボ?:

領収書を、発行していただけますか?」

 

スペコ
電話などの会話の場合、特に注文数や納入日などは、ゆっくりでいいから、はっきり伝えてください。また額が大きい見積もりなどは、数の言い方を間違わないようにしましょう。より書面のほうが、伝えやすいでしょう。(^^) 

 

今日は、ここまでです。

次回も、

楽しく、スペイン語や

スペイン旅文化を

学びましょう。

Hasta luegoooooo (⌒ー⌒)ノ~~~