スペイン語の基本文法 「単数:男性名詞と女性名詞」

スペイン語の基本文法スペイン語の基本文法

 

スペイン語文法「男性名詞と女性名詞」

Hola !  \(^▽^)/

今回もスペイン語基礎文法を、

楽しく学びましょう!

さて、

日本語の名詞や丁寧語などは

男性も女性も

同じ言葉を使用することが多いですが、

親しい間柄では、

男性が使用する言葉と、

女性が使用する言葉が

それぞれ異なるときもありますね。

それと同じように、

スペイン語は

「男性」「女性」

はっきり区別されていることが多いです。

 

どんな単語が「男性」と「女性」に、区別されているのか?

※今回は単数名詞の場合でのご説明です。

スペイン語で「男性」「女性」の区別(または自動変化)があるのは、

おもに「名詞」「形容詞」などです。

 

スペイン語の、

それぞれの名詞には、

「男性名詞」「女性名詞」があり、

各「名詞」の性を判断するための目印となる、

(単数の)定冠詞「el」(エル)、

あるいは(単数の)定冠詞「la」(ラ)が、

それぞれ名詞の前についています。

基本形「 定冠詞(elまたはla)+ 名詞」

※文法上の流れから、定冠詞がつかない場合もあります

 

定冠詞とは?

特定している名詞や、話している相手にわかる名詞、常識的な名詞、物質の名詞などにつけます。

 

基本的に、

男性名詞」には、定冠詞「el」が名詞の前につき、

女性名詞」には、定冠詞「la」がつきます。

例えば 「el toro」 「el libro」

la vaca」「la mesa」などです。

また定冠詞ellaは、

弱勢語なので、普通の強さで発音します。

 

“ 全部に男性と女性があるのか?覚えるのが大変!

名詞が女性か、

あるいは男性かを、誰が決めたのか?”  w( ̄o ̄)w !!

と思われても、

これは “ スペイン語文法で、最初から決まっている ”ことな

ので、

覚えるのが大変と

思われるかもしれませんが、

面倒だとおもわないで、

コツコツ地道に

覚えてくださいね。(^^)

 

しかし、

「覚えるのが大変じゃなくなる」

方法もあるんですよ (^^) ♪

 

それぞれの名詞の「性」を

辞書で確認するのが

一番確実な方法ですが、

実は「男性名詞」か

「女性名詞」かを判断しやすくなる、

いくつかのルールがあります。

これからご紹介します。

 

 

「男性名詞」か「女性名詞」かを、区別するルールとは

 

名詞の性を比較的簡単に

区別するルールについて、ご紹介します。

 

ルール1:語尾の形で見分ける

スペイン語の男性名詞の場合は、

単語の語尾が 「o」になりやすく

また女性名詞の場合は、

単語の語尾が「a」になりやすいです。

 

男性名詞の場合、例えば「el libro」(エル・リブロ:本)

el viento」(エル・ビエント:風)など。

女性名詞の場合、例えば「la casa」(ラ・カサ:家)、

la  ventana」(ラ・ベンタナ:窓)など。

 

ルール2:自然に決まっているものを表す名詞

「最初から “ 性 ”が、自然に決まっているものを表す名詞」も、

すぐに名詞の性を判断できます。

男性名詞の場合、

例えば「el hombre」(エル・オンブレ:男性)や、

el toro」(エル・トロ:雄牛)など。

女性名詞の場合、

例えば「la mujer」(ラ・ムヘール:女性)や

la vaca」(ラ・バカ:雌牛)などで、

どちらもはっきり、最初から決まっている区別なので

名詞の意味が分かれば

名詞の前につく定冠詞が

男性名詞か女性名詞か、すぐにわかりますね。

 

ルール3:単語の語尾を変化できる名詞

単語の語尾を変化できる名詞とは、

同じ職業や種類でも、

男性と女性では

呼び方が異なる名詞のことです。

例えば「教師」の場合

職種は同じですが、

でも「el profesor」(エル・プロフェソル:男性教師)なのか、

la profesora」(ラ・プロフェソラ:女性教師)なのかに区別できます。

また「きょうだい」の種類は同じでも「el hermano」(エル・エルマノ:男の兄か弟)なのか、

la hermana」(ラ・エルマナ:女の姉か妹)なのかで呼び方が異なりますね。

さらに “ 友達 ”という種類は同じでも、

el amigo」(エル・アミゴ:男性の友達)か、

la amiga」(ラ・アミガ:女性の友達) かに区別できますね。

※ 「友達」名詞について、会話では「un」などの不定冠詞や、mi(私の) などの所有形容詞 短縮形と一緒の使用が多いです。

 

 

女性名詞を、推測できやすい名詞ルールは?

覚える単語が増えてくると、

この単語は男性名詞なのか?

女性名詞なのか?

わかりにくい単語が出てきます。

辞書で調べるのが一番確実ですが、

女性名詞かな?と推測できるための

良い目印もありますので、

ご紹介します。

 

女性名詞かな?と推測できる目印

【名詞の語尾がーiónで終わる】単語です。※ ó はアクセント(強めて読む)がつきます。

例えば、「la lección」(ラ・レクシオン:レッスン)

la estación」(ラ・エスタシオン:駅、季節)などがあります。

ただし、

語尾が、iónや、ーaになっているからといって、

すべて女性名詞になるとは限りません。

女性名詞になる確率のほうが多い、というだけです。

やはり少しでも疑問だったら、

辞書で調べることが大事です (*^^*)

 

ーaや、ーiónで男性名詞になる場合は?

el avión」(エル・アビオン:飛行機)や、

el idioma」(エル・イディオマ:言語)などがあります。

 

「男性名詞」と「女性名詞」がおなじであるもの

スペイン語では、男性定冠詞と

女性定冠詞の両方を持つ名詞があります。

例えば、代表的な「男女同形の名詞」は 、

(elまたはla)「estudiante」(エル・エストゥディアンテ:生徒)などです。

さらに、

ご説明してきたルールに

影響されない名詞もあります。例えば

「la flor」(ラ・フロル:花)「la luz」(ラ・ルス:光)などがあり、

このような名詞は推測するのが難しいので、

辞書を見て確認して、

覚えてしまうことが最善です。(^^)

これで基本的な、

単数の男性名詞と、

女性名詞の、ご説明を終わります。

次回は「複数の名詞、複数名詞の定冠詞」についてです。

 

スペコ
ご説明したルールにあてはまる名詞から覚えていくと、記憶に残りやすいですよ。

 

スぺニャン
名詞と一緒に定冠詞も覚えてしまいましょう。Ánimo !(がんばってね!)

 

次回も楽しくスペイン語を

学びましょう。

Hasta Luegooo  (⌒ー⌒)ノ~~~