スペイン語の基本文法「否定語と肯定語」

スペイン語の基本文法スペイン語の基本文法

Hola !

今回は、

スペイン語での

「否定するときの言い方」

と「肯定するときの言い方」

を学びましょう。

Vamos a empezar !   (^▽^)/

 

 

肯定語の意味を持つスペイン語は?

 

まず、肯定の意味を持つ

スペイン語を学びましょう。

 

「こんな言葉があります、肯定語」

【副詞】

siempre:シエムプレ:いつも」

:シイ:はい、そうです」

también:タムビエン:もまた~です」

casi:カシ:ほとんど」

algo:アルゴ:やや、幾分」

 

【代名詞】

alguno:アルグノ:ある人、ある物」

alguna:アルグナ:ある人、ある物」

algo:アルゴ:何か」

alguien:アルギエン:誰か」

 

【形容詞】

alguno:アルグノ:ある、いくつかの」

alguna:アルグナ:ある、いくつかの」

 

以上が、おもな肯定語です。

肯定語は、そのまま

覚えるだけなので

理解しやすいと思います。

 

注意したいのは、

「否定語」の使い方です。

では、adelante  (^▽^)/

 

「こんな言葉があります、否定語」

 

【副詞】

tampoco:タムポコ:もまた~ないです」

nada:ナダ:少しも~ないです」

jamás:ハマス:決して~ないです」

apenas:アペナス:ほとんど~ないです」

 

【代名詞】

ninguno:ニングノ:一つも(一人も)~ないです。誰も~ないです。

何も~ないです」

ninguna:ニングナ:一つも(一人も)~ないです。 誰も~ないです。

何も~ないです」

nada:ナダ:何も~ないです」

nadie:ナディエ:誰も~ないです」

 

【形容詞】

ninguno:ニングノ:一つの~も・・・ないです。

一人の~も・・・ないです。決して~ないです。どんな~ないです」

ninguna:ニングナ:一つの~も・・・ないです。

一人の~も・・・ないです。決して~ないです。どんな~ないです」

 

【覚えるポイント】

 

「ninguno」「 alguno」は、

代名詞および形容詞として

物にも、人にも使用されます

 

また「ninguno」「alguno」は、

男性単数名詞の前では

語尾の「o」が消えて、

さらに「ningún」「algún」と

アクセントが付きます。

「ningún+男性単数名詞」

「algún+男性単数名詞」

 

例えば、

No hay ningún  chico  en  tu  casa :ノ・アイ・ニングン・チコ・エン・トゥ・カサ:君の家には、男の子が一人もいません」

 

また代名詞の「nadie」「alguien」は、

人に対してのみ使用され、

語の形は変化しないです。

 

文章の最初に

Ningún」と「Ninguna

Nada」「Nunca」「Nadie

Jamás」がくる場合は、

「no」は不要です。

 

Tampoco lo sé:タムポコ・ロ・セ

:私も、そのことを知りません」

Nadie lo sabe :ナディエ・ロ・サべ

:誰も、そのことを知りません」

 

※ただし、名前がある場合は、名前が最初にきます

「Miguel nunca falta  a la verdad :ミゲル・ヌンカ・ファルタ・ア・ラ・ベルダ:ミゲルは、決して、うそはつかないです」

 

 

「no」と一緒に使うと、否定を強める

 

さきほど学習した

否定語が

文章の最初にくる場合は、

「no」が不要になるのですが、

否定語を「no」と一緒に使用すると、

「さらに強い否定」

の意味になります。

 

例えば、

「Miguel no falta nunca a la verdad :ミゲル・ノ・ファルタ・ヌンカ・ア・ラ・ベルダ:ミゲルは、決して、うそをつかないです」

※「 faltar:ファルタル:欠けている、不足している」

「 no falta:不足していない。欠けていない」の

意味になる。

 

No sabe ingles ninguno de ellos :ノ・サべ・イングレス

・ニングノ・デ・エリョス:彼らのうちの誰も、英語を知りません」

 

※「ninguna de las chicas:ニングナ・デ・ラス・チカス:その女の子たちのうちの誰も~ないです」

algunos de ellos:アルグノス・デ・エリョス:彼らのうちの誰か」

 

No lo sé tampoco:ノ・ロ・セ・タムポコ

:私も、そのことを知りません」

 

「¿Lo sabe alguien ?   No, no lo sabe  nadie

:ロ・サべ・アルギエン? ノ・ノ・ロ・サべ・ナディエ

:誰か、そのことを知っていますか? 

いいえ、誰もそのことを知りません」

 

「¿ Sabe usted algo ?   No, no nada

:サべ・ウステ・アルゴ?  ノ・ノ・セ・ナダ

:あなた様は、何か知っていますか?

いいえ、何も知りません」

 

このように、

否定の意味を示す場合は、

否定語を使い、

肯定の意味を示す場合は

肯定語を使用します。    

 

さらに否定を強めたい場合は、

「no+否定語」になります。

 

no+否定語を使用した場合

「Miguel no falta nunca a la verdad :ミゲル・ノ・ファルタ・ヌンカ・ア・ラ・ベルダ:ミゲルは、決して、うそはつかないです」

 

「最初に否定語を使用した場合」

「Miguel nunca falta  a la verdad :ミゲル・ヌンカ・ファルタ・

ア・ラ・ベルダ:ミゲルは、決して、うそはつかないです」

 

さらに、

スペイン語の二重否定は、

(ご紹介した否定語以外の)

「ほかの否定語と no」の組み合わせや、

「否定文章の前に、no es que(~というわけではない)をいれる」

作り方があります。

今回は、

ここまででーす。(^○^)

スぺニャン
否定語や肯定語は、良く使用されるので、頑張って覚えてね(^^)

次回も、

楽しみながら、

スペイン語や

スペイン観光文化を

学びましょう。

hasta luegooooo    (⌒ー⌒)ノ~~~