スペイン語の基本文法「hayと、動詞:ar動詞」

スペイン語の基本文法スペイン語の基本文法

Hola ! (^▽^)/

今回は、

スペイン語の「hay」と

「動詞の種類」や「動詞活用」を学習しましょう。

 

 

「hay」の使い方

 

以前の記事、

スペイン語文法「主語」「動詞」

動詞「ser:~です・~である」などを

学習しましたが、

これとは別に、

「haber:~がある・~がいる」の動詞があります。

では、ご説明します。

vamos a empezar  !  (^▽^)/

 

「hay」とは?

特定されていない物や人が存在しているか、していないかを示す。存在する場所を意味する副詞は、不要の場合もある。

文章の形は、

文法的に「hay」の後に目的語(主語になる名詞、つまり存在となる対象物)がきます。

現在形では、動詞haberの単数形3人称「hay」を使用します。

※ また複数でも、単数でも「hay」を使います。※文頭ならHay。

(例)Aquí hay  una mesa 「アアイ・ウナ・メサ:ここに、一つの机があります」

Hay muchos animales  allí 「アイ・ムチョス・アニマレス・アィ:あそこに、たくさんの動物たちがいます」

 

【まとめ】

「hay」は、定されていない物や人が存在しているか、していないかを示す。現在形の場合はいつも「hay」(~がある・~がいる)を使用し、複数・単数は関係しない(常にhay)。

「hay +目的語(主語になる名詞)」の形になる。

 

スペコ
では「haber」現在形の活用は、ないのか?と思うかもしれませんが、ちゃんとあります。(^^) ただ、haberの活用はありますが、実際には、(まだ先ですが)今後ご説明していく、「直説法現在完了形:haberの現在活用 +過去分詞」の中で使用します。

 

スぺニャン
だから、今は「haber」の活用は気にしないで、現在形は「hay」だけを使用すると覚えてね。効率的な文法学習は「浅くから➡深く」がポイントだよ(^^) では adelante ! 

 

 

「動詞活用の種類」

 

スペイン語の動詞は、たくさんあります。

また、“ 一つの動詞に6つの活用があり、

さらに「現在・過去・未来・接続」を含めると、最低1つの動詞に54活用(54パターン)あり、

さらに命令形、過去分詞としての活用などもあるので、(詳細に言えば、1つの動詞に100活用(100パターン)ほどある)。

そして動詞は、たくさんある、とても覚えられない ” (T_T)・・・と、

あきらめがちな方も、いるかもしれませんね。

もちろんスぺコも、

同じように思っていましたが、

学習を始めると、すぐに動詞学習に

希望(esperanza:エスペランサ)

が見えました。

スペイン語文法を、

最初に作った方は(自分も覚えやすいように?(笑)、

きちんと “ 動詞活用を覚えやすい、

一定のルール ”を

作ってくれていたのです! \(^▽^)/

 

 

スペイン語動詞のルール「種類」

スペイン語動詞には、

大きく分けて「ar動詞」「ir動詞」

および「er動詞」の3つがあり、

それぞれ、動詞の活用方法が決まっています。

※ただし、動詞は「規則動詞」

「不規則動詞」に区別され、

残念ながら、一定の幸運ルールは「規則動詞」のみで、不規則動詞(一部分だけが変化する動詞なども含めて)は、さらに細かいルールを覚えるか、初めから一つ一つ覚えていくしかありません。

では、まず規則動詞の「ar動詞」活用の

“ 幸運ルール ” を学習しましょう。(^^)

 

規則動詞「ar動詞」活用の幸運ルール

「話す(話します)」は

スペイン語で「hablar:アブラル」です。

では活用を見てみましょう。

「hablar 単数形の動詞活用」

1人称:yo  : hablo (アブロ)「私は~話す(話します)」

2人称:tú  :hablas (アブラス) 「君は~話す(話します)」

3人称: (él/ella/usted) : habla(アブラ)「彼・彼女・あなたは~話す(話します)」

 

「hablar 複数形の動詞活用」

1人称:nosotros/nosotras  :hablamos(アブラモス)「私たちは~話す(話します)」

2人称:vosotros/vosotras :habláis(アブイス)「君たちは~話す(話します)」

3人称:ellos /ellas/ustedes:hablan (アブラン)「彼ら・彼女たち・あなたがたは~話す(話します)」

 

覚え方のポイントは?

hablar :hablo・hablas・habla

hablamos ・habláis・hablan

habl の後の「ar」の部分だけが変化していく。

※ 規則動詞「ar動詞」活用は、

ar動詞・原形(hablarなど)の「ar」部分が、

「(o)(as)(a)  (amos)(áis)(an) 」に変化すると覚えます。

hablarと同じルールがある動詞について、

例えば、「desear:願い」や、「trabajar:仕事をする」

llegar:着く」などがあります。

 

【まとめ】

規則動詞「ar動詞」活用は、

ar動詞・原形(hablarなど)の「ar」部分が、「(o)(as)(a)  (amos)(áis)(an) 」に変化する

 

【復習ポイント】

ser」は「~です・~である

estar」は「(ある場所、または状態に)~いる・~ある」 

※「ser」「estar」の復習確認は、

過去記事:スペイン語文法「主語」「動詞」

「haber:~がある・~がいる」※(ここに、あそこになど)存在する場所を意味する副詞をつけることが多い。現在形は「hay

 

スぺニャン
動詞活用は、一度に覚えようとすると頭がパンクするので、はじめは「現在形」で、日常でよく使用する動詞の単数形➡(その後複数形)」のように、少しずつ覚えると理解しやすいよ。また実際には、ほとんど使用しない動詞活用も一部あるので、あせらずゆっくり丁寧に覚えましょう (^^) 

 

今日は、ここまでです。

休憩に、スペインで人気の

おいしいチュロスと、

甘ーいホットチョコレートをどうぞ。(^○^)

では、

次回は残りの「ir動詞」「er動詞」を

楽しく学習していきまーす!

hasta  luegooooo   (⌒ー⌒)ノ~~~