スペイン語の基礎「単語と基本会話:身体や器官の名称」

スペイン語の基礎「単語と基本会話」スペイン語の基礎「単語と基本会話」

Hola !

今日は、

「身体の名称」など

を覚えましょう。

では vamos a empezar    (^▽^)/

 

身体の呼び方

 

※「ピンクカラー付きの単語は、定冠詞が女性です」

 

cara「カラ:顔」

cabeza 「カベサ:あたま」

pelo「ペロ:毛」

 

ojo「オホ:目」

※「abrir los ojos:アブリル・ロス・オホス:目を開ける、迷いなどから目を覚ます」
「¡ Ojo  con  ~ !:オホ・コン ~:~に注意!」

nariz「ナリス:鼻」

 

oreja「オレハ:耳」

boca 「ボカ:口」

「abrir la boca :アブリル・ラ・ボカ:口を開ける 」

「 cerrar la  boca:セㇽラル・ラ・ボカ:口を閉じる」

 

「 boca arriba:ボカ・アㇽリバ:あおむけになって」

「 boca abajo:ボカ・アバホ:うつぶせになって」

 

cuello「クエリョ:首」

espalda「エスパルダ:背中」

brazo 「ブラソ:腕」

※「 El es  mi  brazo  derecho:エル・エス・ミ・ブラソ・デレチョ:彼は私の右腕です」※もっとも信頼している部下の意味。

 

hombro「オンブロ:肩」

mano「マノ:手」

「右手:la mano  derecha:ラ・マノ・デレチャ」

「左手: la mano  izquierda:ラ・マノ・イスキエルダ」

 

uña「ウニャ:爪」

dedo「デド:指」

cintura「シントゥラ:腰」

 

vientre「ビエントレ:お腹」

nalgas「ナルガス:ヒップ」

※ヒップは、おもに複数として扱われます。

 

rodilla「ㇽロディリャ:ひざ」

pie「ピエ・足」

pierna 「ピエルナ:脚」

「con las piernas cruzadas:コン・ラス・ピエルナス・クルサダス:脚を組んで」

「pierna artificial:ピエルナ・アルティフィシアル:義足」

「media pierna:メディア・ピエルナ:脛(すね)」

 

つぎは、心臓とか、肺など、

さらに

身体の器官などの呼び方を

覚えましょう。

adelante !  (^^)

 

 

体の器官や、症状の名称

 

corazón「コラソン:心臓」

estómago「エストマゴ:胃」

pulmón 「プルモン:肺」

 

hueso 「ウエソ:骨」

intestino 「インテスティノ:腸」

sangre 「サングレ:血液」

※「sangre zul:サングレ・アスル:貴族の血」

「un pura sangre:ウン・プラ・サングレ: サラブレット」

 

lágrima 「ラグリマ:涙」

piel 「ピエル:皮膚」

sudor 「スドル:汗」

 

saliva 「サリバ:つば」

orina「オリナ:尿」 ※子供用語、また大人の男性が、女性に言う場合などに「pipí:ピ」を使うことがあります。

caca「カカ:うんち」

 

tos 「トス:せき」

bostezo「ボステソ:あくび」

pedo「ペド:おなら」

 

estornudo「エストルヌド:くしゃみ」

hipo「イポ:しゃっくり」

 

 

身体の言葉と一緒に、知っておくと便利な基礎会話

 

学習した身体の名称や器官、

症状のスペイン語を

使って、

覚えておくと

便利な基本会話を

学びましょう。(^▽^)/

 

「Me duele  la cabeza:メ・ドゥエレ・ラ・カベサ:頭がいたいです」

Me duele + 体・器官の名称 (la espalda、 el cuelloなど )

 

「 ¿ Dónde  te duele ?:ドンデ・テ・ドゥエレ?:君、どこが痛いのですか?」

 

「llame  un médico,  por favor:ジャメ・ウン・メディコ・ポル・ファボル:医者を呼んでください。」

※相手に対して、丁寧にお願いするときは por favor:ポル・ファボル

言葉の最初か、あるいは最後につけて言います。

 

「acceso de tos:アクセソ・デ・トス:せきこむ」

「Gastar saliva en balde:ガスタル・サリバ・エン・バルデ:話しても無駄になってしまう」

 

「Ojo por ojo, diente por diente:オホ・ポル・オホ、ディエンテ・ポル・ディエンテ:目には目を、歯には歯を!」

※ハンムラビ法典の意味では、「やられたら、同じような方法で復讐する」です。でも、本来は “復讐しなくても、自分を傷つけた、その人物の言動は、めぐりめぐって、結局はその人物に返ってきます(天にまかせなさい) ” という意味でもあります。

 

では次回は、

体の症状や薬などの

スペイン語を学習します。

次回も、楽しみながら

スペイン語と、

スペイン観光文化を

学びましょう。

Hasta luegoooo    (⌒ー⌒)ノ~~~