小室さん&眞子さんのご結婚!スペインからの声は?

小室さん眞子さんご結婚小室さん眞子さんご結婚

お幸せに!小室さん&眞子さんの新しい出発!

Hola !  (^-^)/

(※ご結婚されたので、眞子さんと、お呼びさせていただきます)。

小室圭さんと、眞子さんが、

いろんな困難を乗り越えて、めでたく💛ご結婚されましたね。

 

個人的に、すべて失っても最後に残るのは「心」「愛」の価値観なので、

私は、お二人が「好き」という純粋な

気持ちを持ち続けて、いろいろな困難にも負けずに、

ご結婚されたことについて、 

 

すぺ子も相棒猫スペニャンも、

「¡ Felicidades !  ¡ Espero que  sean muy felices ! 」

(ご結婚)おめでとうございます! (ご夫妻に)ご多幸お祈り申し上げます。

🎉ヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ 🎉 !!

という気持ちです。

 

 

スペイン王室から、日本の皇室を眺めてみると?

互いの純愛を応援してくれる、

情熱の国スペインでは、

日本(また日本人)に対して理解しがたい

「なぜ?!」が多かった、

今回の山あり谷ありの末、実現した💛ご結婚について、

 

現代でも、スペインや他のヨーロッパ諸国の王室と比べると、

自由が少なく、皇室とはこうあるべきだ!の価値観重視で、

今の皇室環境は、眞子さんにとって

感謝する気持ちと同時に、眞子さんが

“好きな方と一緒に、自由になりたい” と思われる

空間だったのでしょう。 

 

スペイン人から見て、現在皇后雅子さまの、過去の困難時期も含めて、

日本の皇室は自由が少なく、お気の毒だと

思われているようです。

 

もちろんスペイン王室でも、基本的なマナー礼儀は重視され、

現地およびネット配信ニュースで、

王室関係の情報は多く伝えられる傾向ですが、

 

それでも、現在のスペイン国王や王妃の、

自由で仲睦まじいお姿を比較すると、

やはり日本の皇室よりも、自由だなと思うことが多いです。

 

今回のご結婚に対して、反対派の方もいましたが、

スペインのレティシア王妃も、ご結婚前は

スペイン国の一般国民で、さらに一度離婚を経験されており、

レティシア王妃は、謙虚にスペイン国王(当時スペイン皇太子)からの交際申し込みを辞退したようですが、現在のスペイン国王が「(現在の王妃)彼女と結婚できないなら、王位を捨ててもいい」と言ったという、

ロマンスドラマのような話もあり、

 

現在のスペイン国王夫妻も、互いの「好き」を大事にして

純愛の中、ご結婚されました。

 

現地で、スペイン国王と王妃の

ご結婚を拝見した時、(記憶が正しければ、天気は雨模様でしたが)

マドリッドの大通りをパレードした後、

スペイン国王と王妃は、王室のバルコニーに姿を現して、

多くのスペイン人から盛大な祝福を受けて、

とても幸せそうでした。 

 👑(⌒▽⌒)/゜・:*【🎉💛💐】*:・゜\(⌒▽⌒)👑

 

だから、眞子さんが皇室御用達の美しいドレス姿で、

日本国民からの祝福を受けられなかったのは、

本当に残念に思います。  

   ¡ Qué pena ! ( ご心中お察し申し上げます…)(;_;)

※普通訳では、なんてお可哀そうに、なんてお気の毒など。

 

 

出発した小室さん眞子さんへ、暖かいエール!スペイン人の声は?

今回のご結婚について、スペイン国の人々は、

特に眞子さんについて、

“ 皇室の自由が少ない環境&異常なほど、しつこい反対派の声にも負けずに、

純愛をつらぬいた、勇敢で素晴らしい女性” として、

暖かいエールを贈っている方が多いです。o(^-^)o

 

また小室さん眞子さんに対しても、 

スペインは自己主張するのが普通なので、

「人生は短く、一度だけ、だから自分の好きな人と幸せになって!」

「素敵なロマンス!映画にするべきだ」「生涯お幸せに!」

などのエールが多いです。 

 

スペイン人は、“情熱”の国民性なので、

困難な条件の中で頑張っている方や、

純愛をつらぬく為に頑張る人たちを

応援してくれます。

こういう人間的な、暖かい情🌈✨を感じられる国民性も、

私が、スペインを愛する理由の一つでもあります。(^_^)

 

小室さん眞子さんのご結婚に関する

EL PAÍS ニュース記事をご紹介します。(URL下記に記載)

EL PAÍSは、RTVEのように、多くのスペイン国民に読まれている

スペインの代表的な新聞社です。

 

在宅ワーク拡大により、

日本のニュースサイトで読める

(※特に、小室夫妻のご結婚に関する規定違反大量コメントにより

AI自動的非表示になるなど、

大手ニュース配信サイトも、対策が強化され始めたように)

利益目的でピンからキリまで、だれでも書ける

国民の好奇心重視向けの記事内容ではなく、

 

事実のみを、たんたんと

通称ICUと呼ばれる

国際的な大学で出会った時から、小室さんのこと、眞子さんのこと、

小室さんの仕事のこと、さらに元婚約者との金銭的なこと、困難な

ご結婚までの過程、新生活の為にアメリカへ旅立たれたことなどに

ついて書かれています。

「EL PAÍS」

Mako de Japón aterriza en Estados Unidos tras contraer matrimonio y abandonar la familia imperial

https://elpais.com/gente/2021-11-15/

 

 

「 El MUNDO 」

EL PAÍS同様、「世界」というインパクトのある名の新聞社です。

https://www.elmundo.es/loc/2021/10/26/

こちらの記事も、下品な好奇心重視の記事ではなく、

たんたんと、事実のご結婚までの過程などが記されています。

 

また、日本の(コメント欄のある)大手ニュースサイトのように、

精神的低さを感じさせる膨大誹謗中傷コメントはなく、

わずかな精神的大人のコメントがあるのみです。

 

 

いばらの道だった、ご結婚

 

今回のご結婚までの「茨の道のり」を

長引かせた原因は、

 

小室さん眞子さんとは

直接的には関係ない

元婚約者との金銭的トラブルでありますが、

 

ニュースで知った時には、

「なぜ元婚約者に、お金をすぐ戻さないのかな」と

疑問でしたが、

 

小室さん側は弁護士がいるのに、

元婚約者の代理人が

弁護士ではなく、

最新&いろいろな情報記事で利益報酬を得るのが仕事である、

なぞの「週刊誌の記者」( ̄◇ ̄;)?!

だと知った時から、

完全に、小室さん眞子さん応援派になりました。(^_^)

 

また国税の使い道や皇室費用を決めるのは、国会の方々です。

(参考 皇室経済会議 wiki など)

どんなに連日「国税が!」「血税が!」とコメントを書き込んでも

叫んでも、現時点では、国民は税金の使い道や皇室費用を決められません。

 

仮に連日 

恥ずかしいほどに「税金が!血税が!」(笑)とコメントを

書き残す方の希望通りになったとして、

 

(今までの政府の、

さんざんな無駄遣い税金の使い道ニュースの中に)

その分の税全部が、「税金が!」のコメントを書き残す人が

喜ぶ&役立つことに、使われるとは思えません。

 

「税金が!」「血税が!」大合唱コメントは、

自分の意見が正しいと思うなら、

皇室の方ではなく、政府の方々へ届けるべきでしょう。

 

またコメントで「皇室の為に!」と言いながら、

違反コメント報告で自動的非表示になるほど

皇族であった眞子さんの心を傷つける言葉が

正しいと思っているなら、

卑怯な匿名ではなく、堂々と本名で書き残せばいいと思います。

 

ヤ〇ーのニュースサイトの

コメントが自動的非表示なるほどに、

日々書き込みで「皇室の為に!」「日本の為に!」を思っているなら、

今後の日本有事の時には、決して日本から逃げ出さないで、

敵から、皇室を日本を「皇室&日本の為に!」とお守りしてくださいね。

本当の「皇室を日本を愛する愛国心」を示してくださいね。

 

コメントという小さな世界の中で、

匿名で相手の心を傷つけるような人は(万が一相手が自殺しても、追及されない限り知らん顔)

まっさきに

日本から逃げ出すでしょう。

 

※大事な関係ほど、お金の貸し借りはしないのが第一ですが、

元婚約者が本当に

小室さんを息子のように思うなら、最初から

決して週刊誌にリークしたりしないでしょう。

 

という理由で、

連日税金が!血税が!と大合唱& 

自身の不幸せ状態を証明するような

誹謗中傷コメントを書き残す方がいなければ、

真実は、当事者たちだけしか知らないのに

利益優先動画も規制制限あったなら、

もっと元婚約者が、一度は愛した女性に対して

スケールの大きな男性の方であったら、

また代理人が、あやしさ満点の週刊誌の記者でなく

正式な弁護士だったら、

 

小室さんが解決を提案した時に、

皇室が一番気にしていた、金銭問題はすぐに解決して

 

眞子さんは、

女性にとって、✨人生で最も美しい姿✨を

愛する男性に披露できる

大事な日を、とても幸せな、すばらしい記念日として迎えられたのにと

思います。どれほど悲しく思われたか・・・。

 

皇族の方も「人」です。

もっと、人が純粋に人を好きになる自由を尊重してあげたら、

小室さん眞子さんは、外国に行かずに、

日本で暮らすことを選ばれたでしょう。

 

 

誹謗中傷コメント日々書く人は、センチネルみたい?

特に今回のご結婚に対して 

ヤ〇ーニュースサイトなどで

自動的非表示発動されるほどに、

相手の気持ちを考えない、

コメントを書き残し続ける人に対して、

 

なぜか・・・

マトリックスのレボリューションズに登場する

イカ攻撃ロボット(笑)のような、

とにかくしつこい、

 

人ではない、

最後は、空中から哀れに落ちていく、

時に各匹バラバラ攻撃、時に一つの巨大な化け物のように攻撃する

「センチネル」のようなものだと感じました(笑)。

 

個人的に、他人のうわさ話よりも、

大事な人と楽しく過ごす時間や、自分の可能性追求に関心があるので、

(相談された場合や、自己主張が必要な場合以外)

基本的に、良いも悪いもコメントは、時たま読むだけ派です。

 

私個人的感性の中に、

ストレス発散や暇つぶし、ねたみ、嫉妬などで、

相手の気持ちを考えない残念なコメントを残す人は、

もはや人ではない、まともな意見交換ができない

マトリックス映画の、イカ?攻撃ロボットのような

「センチネル」のようにしか

見えません。

 

情報は多ければいいものでもなく、質が大事だと思いますので、

「良心を大事にする方々」範囲限定で、

年齢国籍性別関係なく、

自分とは違う、さまざまな職種の方や、

さまざまな感性や経験、考えを持つ方々との

賛同&時に互いを尊重しあう議論含める

口頭での意見交換&あるいは

限定コメント欄利用で、十分だと思っています。

 

今後、コメント欄なくなるか、

相手の気持ちを考えない

“ 暇つぶし&ストレス発散、ねたみ嫉妬 ” および

“偽りの正義感の”

誹謗中傷含むコメントは、すべて本名必須になることを希望します。

※個人的に、多くの人に役立つニュースサイトですが、誹謗中傷コメント厳格制限をしているサイトや、コメント欄をなくしているサイトの方が、信用があります。

 

 

誹謗中傷する人たちは、これからの日本の未来

今回のご結婚について、

残念な悲しい言葉をコメントする方もいますが、

 

前向きに生きている時や、本当に心が満たされて幸せな時、

(「恨まれることはするな」「思わぬ時に、正当な方法で必ず返す」と恨みを買われる、意図的に相手の良心を傷つける、愚かな行動をした人に対して以外)

自分に何もしていない方々に対して、

攻撃的&キツイ言葉などを、

言う、または書き残す気持ちになりますか?

 

(※自身の困難時期でも、相手を思いやる優しさを忘れない

人間性の質が高い方々以外)

 

相手の気持ちを考えない、自分の正しさだけを主張する

愚かで悲しい残念なコメントをみて、

 

人を言葉で侮辱せずにはいられない、さらに継続することで習慣となり

無意識的に、誹謗中傷コメント行動を止められなくなる。

※(データで、多数からのコメントに見えるけど、実は少人数による自作自演の書き込みだった、ということもあると聞きますが・・・)

コメント欄という小さな世界でしか、自分を表現できない

「今、幸せではない人」「心が満たされていない人」

だと思います。

 

人を言葉で侮辱攻撃するのをやめて、ちょっと視点思考を変えると、

優しい気持ちになれる、

たくさんの素晴らしいものがあることに、気付けるのに。

 

“言霊”と言われているように、言葉は人生に影響を与える力を持つので、

自身の日頃使う言葉の質同様の未来が、

自身に返ってきます。

 

 

その日、その時、その時間に

私のピンチを知っていたかのように、助けていただいた一瞬&一時的の出会いや、

良いも悪いも因果応報を感じる出会い経験を通してたどり着いた、

(いろいろな価値観がある中で)

「すべては偶然ではなく、人は生かされながら、心の成長のために、また何かを成し遂げるために誕生してきた」

「どんな方も、自分だからこそ役に立つ&成し遂げることができる

天使命を持っています。自分の良心からの導きで、

気付けるか?気付けないか?の違いだけ。

天使命に、期間も、大きい小さいの程度も関係ありません。

 

例えば、自殺する人に気付いて、危機一髪で救助した方も、

その日、その時間に、その瞬間に、

絶望している方を助けるという、偉大な天使命を持っていたと思います。

“自分だからこそ役立つ” 複数の天使命を持っている方もいれば、

生涯一つのことを成し遂げる、天使命を持っている方もいるでしょう」

の私個人的な価値観の中に、

 

人は生かされているので、

どんなに良心的な方も、どんなに健康に自信がある方も、

相手の気持ちを考慮しないコメントを書いている人も、

突然の大地震や突然の病気、疫病、事故、国有事などで、

明日、数日後、数週間後、来年など、

突然人生が終わるかもしれません。

 

スペインや西洋では「神は、あなたの髪の毛一本のことさえも知っている」

東洋では「すべては、お釈迦様の、手のひら上の出来事」

また宇宙的には「誰も見ていなくても、誰も気づいていなくても、

真実は、自身が一番知っている」

ので、反省改心もしないで、

 

本当に青ざめるピンチ時に神頼みしても、

どんなに祈っても、(自分の意思で止められなかった誹謗中傷コメント行動だったなど)自分を正当化して言い訳しても、

「自分のまいた悪い種は、必ず自分で刈り取ることになる」

避けられない因果応報で、

悲惨&残念な結果になってしまうでしょう。

 

もちろん日本には、小室さん眞子さんの出発を

応援されている方も、

相手の気持ちを考えられる、

心優しい方々もいますが、

 

小室さん眞子さんに対しての、

悲しい残念なコメント言葉を見ながら、

これから、ますます(政府が最善の対策議論ばかりではなく、

真剣に実行しない限り)経済的地位も、

民度も落ちていき、さらに近隣諸国にも軽視利用され、

壊れていく “悲しい日本の姿” を思いました。

 

それでも、最後の最後で、

良心を大事にする方々によって、

経済的豊かな、心優しい日本に復活することを希望いたします。

 

小室さん眞子さんの、ご結婚に関する現地動画

 

「 RTVE (Corporación de Radio y Televisión Española, S.A) 」

略してRTVE。ラジオ事業(略RNE)とテレビ事業(略TVE)を扱うスペインの国有企業。日本名はスペイン放送協会。一般的なニュースから、ドキュメント、子供教育番組、語学などの教育、ビジネス関連番組、ドラマなど多岐にわたり、

動画サービスが充実しているので、あきない&学習しやすい、良いも悪いもスペインの現状を理解しやすい、一番好きなサイトです。 

RTVE   La princesa japonesa Mako se casa discretamente

https://www.rtve.es/play/videos/telediario/

 

「Málaga 24h TV Noticias」

 (スペインのマラガやアンダルシア、国内外などの最新ニュースを発信している、地上デジタルテレビ放送(TDT)チャンネル)

Noticia – La princesa Mako de Japón abandona la familia real por amor