スペインの歴史を学べる、美しく壮大な「アルハンブラ宮殿」

スペインのおすすめ観光場所スペインのおすすめ観光場所

 

スペインとイスラム文化との歴史が残る美しい宮殿

 

Hola !  ¿ Qué tal ?

スペイン国の中に、

イスラム文化の歴史が

そのまま残る

美しい宮殿があることを

知っていますか?

その名は「アルハンブラ宮殿」です。

 

世界中から

観光客が訪れる、

大自然の中に

荘厳な姿でたたずむ、

アルハンブラ宮殿と

その周りにある、

すばらしい建築物や

風景を見ることができる

総面積14000㎡もの広大な

観光名所「アルハンブラ宮殿」

La Alhambra:ラ・アランブラ)を

ご紹介します。(^▽^)/

初めてアルハンブラ宮殿を

観光した人は、

アルハンブラ宮殿内部の、

いたるところで

「イスラム世界」の

歴史遺産に出会います。

だから、

宮殿内部の壁画や

装飾デザインなどをみて、

「スペインの宮殿なのに、

なんかイスラム文化的な、

雰囲気があるような?」

( )  ¿ Por qué ? (ポル:ケ:なぜ?) って

思われた方もいると思いますが、

その鋭い気づきは正しく、

実はスペインは

過去の歴史の中で

文化が異なるイスラムの民に

支配された時期が

あったのです。(^^)

 

また「アルハンブラ」の

名称由来は、

アラビア語で “ 赤い城塞 ”を意味する

アル・ハムラーという言葉が、

スペイン語に、

なまって変化した

という説もあります。

 

では、スペインにある

アルハンブラ宮殿に、

なぜイスラム文化の

歴史遺産が

多く残されているのかを、

ご説明いたします。

観光する場所の歴史を

知っておくと、

ただ建築物や、

景色を見学する場合よりも、

“ その時代の人物の一人に

なったような気分 ” で

展示物や建築物を、

より理解でき、

その時代について

思いをはせることができます。(^^)

 

 

アルハンブラ宮殿の場所と歴史

「アルハンブラ宮殿」は、

アンダルシア州の

グラナダ県、グラナダエリアの

美しい景色を見渡せる

丘の上にあります。

アルハンブラは

要塞都市ですが、

いくつかの

異なる時代に建築された

さまざまな建物が

統合されており、

ウマイヤ朝を再興した

“ 後ウマイヤ王朝 ”の末期時期の

砦(とりで) “アルカサーバ ”

が起源となる形と

いわれています。

“アルカサーバ ” は、

農民反乱軍からの防御のために

築かれた砦でした。

8世紀初頭以降に、

イスラム教徒が

イベリア半島に入ってきて、

711年ごろに

トレドを占領してから、

わずか数年で

イベリア半島の

ほとんどのエリアが、

イスラム圏になってしまいました。

しかし11世紀の前半以降、

レコンキスタ(キリスト教徒による

国の領地を回復させる運動)が活発になり、

1246年までにはトレド、コルドバ、

およびセビーリャまでを

領土回復させ、

スペインでの、

イスラム教徒の領土は、

アンダルシアの

南部エリアだけになりました。

スぺニャン
スペイン頑張ったね!   ¡ Qué  bien ! 

 

 

アルハンブラ宮殿が、拡大した時期は?

アルハンブラ宮殿が

拡大されたのは、

1238年~1492年まで続いた

ナスル朝の時代でした。

60年の長い年月をかけ

ムハンマド1世と、

息子のムハンマド2世により

水道 ” が設置され、

アルハンブラの起源形である、

アルカサーバを拡張し、

(今は現存していない)宮殿を作り上げました。

 

さらにムハンマド5世と

ユースフ1世の時代に、

コマレス宮を基盤とした建築物や、

正義の門、マチューカの塔などが建造され、

さらに城廊で唯一、

イスラム美術の様式の

ひとつである

アラベスク”のデザインが施された

「ぶどう酒の門」や、

宮殿には

大理石による円柱が

124本立ち並んだ

四つの建築物が

作られました。

 

この4つの美しい建物に

囲まれている

印象的な、

ライオンの中庭 ”は

現在、人気のある観光場所として

多くの旅行者が訪れています。

 

また宮殿の天井には、

エジプトやイランなどの

東方エリアからの

精巧な技術による

ムカルナス様式を用いた

彫刻による荘厳な装飾が

取り入れられています。

 

 

アルハンブラ内の、おすすめ観光場所は?

アルハンブラの全体は、

周囲の緑豊かな

自然エリアを合わせて、

とても広大です。

※観光ではスニーカーなど、

歩きやすいシューズで

行くほうがいいです。(^^)

その中で、

はるばるスペインまで

観光にきたからには、

一度は見ておくべきですよ!と思う、

おすすめの観光場所を、

ご紹介しますね。(^▽^)/

 

おすすめ場所No1は

アルハンブラ宮殿観光エリアにある

ナスル朝宮殿

ライオン宮エリアの「ライオンの中庭

Patio de los Leones

:パティオ・デ・ロス・レオネス)で、

人気の観光場所です。

「ライオンの中庭」 は、

中庭の中心エリアに

集まるように

12頭のライオンが円を作り、

その上の水盤に、

美しく流れる

噴水があります。

周囲は回廊で

囲まれていて、

その噴水(中心)から

水路が四方に

作られてあります。

上から見ると、

長方形の庭が四つに

分かれたように見えます。

この様式は、

基本的なイスラム庭園 “ 四分庭園 ”です。

また “ 10名のアラブ人の

貴族たち ” が描かれた、

ライオンの中庭の東エリアに位置する

諸王の間”(Sala de los Reyes

:サラ・デ・ロス・レイイェス)があり、

“ 法廷会議の場面 ” 

ともいわれており、

裁きの間”(Sala de la Justicia

:サラ・デ・ラ・フスティシア)の

名称もあります。

そのほか、

王が目通りで使用した「アラヤネスの中庭

Patio de los Arrayanes

パティオ・デ・ロス・アラヤネス)や

さらに天井の、

精巧で荘厳なデザインに驚かされる

ニ姉妹の間」(Sala de las dos Hermanas

:サラ・デ・ラス・ドス・エルマナス)など、

イスラムとの歴史を

知ることができる

建造物やデザインを

見ることができます。

 

またアルハンブラ宮殿エリア観光で

見逃せない

ヘネラリフェ (Generalifeは、

アルハンブラ宮殿の

北部エリアの “太陽の丘 ” にあります。

ナスル朝の時代に

用いられた、

夏の別荘です。

このヘネラリフェには、

(イスラム建築の中でも

保存状態が、

もっとも良い一つといわれている)

長く続いている

池の周囲に

噴水や、

美しい花々などが

咲いている

アセキアの中庭】(Patio de la Acequia

:パティオ・デ・ラ・アセキア)が

設置されており、

心和む観光場所です。(^^)

 

そほのか、カルロス5世の宮殿Palacio de Carlos V

:パラシオ・デ・カルロスV)や、

カルロス5世の宮殿2階に

設置されてある、

アルハンブラ美術館Museo de la Alhambra

:ムセオ・デ・ラ・アランブラ)では

アルハンブラ宮殿の

発掘時に関する

すばらしい展示物を

学びながら見物できます。

さらに、

神聖さを感じさせる

サンタ マリア 教会(Iglesia de Santa María

:イグレシア・デ・サンタ・マリア)や、

緑美しいリンダラハの中庭Patio de la Lindaraja

:パティオ・デ・ラ・リンダラハ)など、

じっくり見学するためには

1日観光では足りないほど、

多くの素晴らしい建築物や

美しい景色と出会えます。

スペインとイスラムを

同時に感じたいという人は、

広大なアルハンブラ宮殿へ

ぜひ訪れてみてください。(^^)

スぺニャン
Buen viaje(良い、ご旅行を!)

 

※またアルハンブラ宮殿への

入場券購入や、

アクセス方法、

さらにグラナダの観光名所や、

おすすめのレストラン、

パラドール宿泊などについては、

過去記事:グラナダの観光「交通情報・入場券購入など」

で紹介しています。(^^)

 

これが夜間アルハンブラ観光!

Antonio Callejón:Visita nocturna a la Alhambra (Reportaje GCF TV)

※スペイン語字幕での表示を選べます。

イルミネーションが美しい

夜間のアルハンブラ観光の

様子がわかります。

※個人旅行での

夜間アルハンブラ観光は、

昼間と違った

宮殿をみることができますが、

スペイン初めての

個人旅行なら

周囲の景色もわかる、

「昼間の観光」を

お勧めします。(^^)

 

ライオンの中庭(Patio de los Leones)の歴史

この動画では

「ライオンの中庭」の歴史が

よくわかります。

字幕も選べるので、

スペイン語の

ヒアリング練習にもなりますよ。

Historia del Arte 2.0:Historia del Arte 2.0 | La Alhambra | Patio de los leones

 

では、次回も楽しく

スペイン語を学びましょう。

 Hasta  luegooooo (⌒∇⌒)ノ””