スペインの「国花」と「花言葉」は?

スペインのおもしろ文化スペインのおもしろ文化

Hola !

今日は、スペインの「国花」と

「花言葉」を学びましょう。

 

 

「国花」とは?

「国花」は、この名の通り、

その国の人々に愛されて、

その国のシンボルとなる花です。

国によって、

代表の国花は一つ、

あるいは複数の花が

国花になっている国もあります。

 

スペインの国花は?

 

「国花」は、

スペイン語で「Flores nacionales:フロレス・ナシオナレス

といいます。

 

ここで突然ですが、問題でーす。

de repente   te pregunto !  「デ・レペンテ、テ・プレグント」 (^▽^)/

 

スペインの「国花」は

以下に示した

花々の中で、

どの花でしょうか?

まず答えを見ないで、

挑戦してみてくださいね。(^^)

 

【1】オリーブ(スペイン人なら、みんな知っているオリーブの花は、白と黄色の可憐な花です)

【2】カーネーション(日本では母の日に贈られる花。生産地は南ヨーロッパや西アジア地中海沿岸とききます)

【3】ひまわり(スペインのアンダルシア地方によく見られる、大きな黄色がシンボルの、夏の季節に似合う花です)

【4】キンセンカ (生産地は地中海沿岸で、キク科のオレンジ色やイエローカラーの、愛らしい花です)

【5】ミモザ (地中海沿いの町や村などで、春の訪れを伝えてくれるイエローフラワーです)

 

ええと、どれが(a ver、 cual es ・・?)( ̄ー ̄?)?

・・・・・・・・

はい、時間です!

では、 答え合わせをしましょう! \(^▽^)/。

答えは、

「母の日」で、

人気のある花「カーネーションclavel:クラベル」です。

挑戦した方は、

残念です es una  lástima !:エス・ウナ・ラスティマ!」 (^^)

あるいは、

当たり!「 bingo !:ビンゴ!」 ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

のどちらでしたか?

「カーネーション:clavel:クラベル」の

名称由来は、

ラテン語の

(carn)「肉色の花」という説や、

“ 冠飾:コロネーション (フラワー)”

が訛って、

カーネーションとなったとも

いわれています。

 

また、十字架のキリストを見守った

聖母マリアが落とした

涙の後に

生まれた美しい花、

“母性あふれる花”だという

言い伝えもあります。

 

このように、

スペインの国花は

「カーネーション:clavel:クラベル」ということを

学習しましたが、

では、

他の国々の「国花」は何でしょうか。

まず日本の「国花」を見てみましょう。

adelante !  (^^)

 

 

日本と世界の国花は?

 

日本Japón :ハポン」の

「国花」は、

天皇家を象徴する、

16の花びら御紋(十六八重表菊)で知られる、

美しい「菊:crisantemo:クリサンテモ」と、

春の訪れを伝えてくれる

ピンク色の可憐な「桜:cerezo:セレソ」です。

 

またイタリアItalia」の国花は

デージー:margarita:マルガリタ」で、

イタリア王国 ウンベルト1世の

王妃名 “マルゲリータ” に

関連しています。

 

またイギリス連合王国Reino Unido:レイノ・ウニド」は

バラ:rosa:ロサ 」で、

 

ギリシャGrecia:グレシアは、

※葉アザミ「アカンサス」です。

 

さらに、

フランスFrancia:フランシア」 は、

フランス王家の紋章からの「ユリ: azucena:アスセナ」が国花です。

※「アイリス:Iris:イリス」も、国花として扱われています。

 

さらに、

アレキサンダー大王の

偉大な歴史をもつ

マケドニアMacedoniaマセドニア

の国花は「(ケシ)ポピー:amapola:アマポラ」です。

 

バチカン「Vaticano:バティカノ」は

マドンナリリー  ※ニワシロユリ」を国花としています。

 

また永世中立国と、

美しい自然の風景で知られる

スイスSuiza:スイサ」は

国花「アルペンローゼ」です。

 

アジアでは、

Taiwán 台湾の国花は「梅:ciruelo:シルエロ」で、

韓国Corea:コレア」は

ムクゲ」です。

 

南米では

メキシコMéxico:メヒコ」の

国花は「dalia:ダリア」で、

アルゼンチンArgentina:アルヘンティナ」は

国花「セイボ: ceibo 」、

アメリカAmérica」※またlos Estados Unidos:ロス・エスタドス・ウニドス」は「バラ」など、

多くの諸外国に、

それぞれの「国花」があります。

また「国樹」というのもあります。

 

 

「花言葉」について

 

「国花」のほかに、

花には

それぞれ「花言葉」というのがあります。

「花言葉」はスペイン語で

Lenguaje de las flores:レングアヘ・デ・ラス・フロレス」と言います。

※ florは花の意味で、女性名詞。

だから定冠詞を付ける時は「la flor」になります。

 

花が好きな方は、

「花言葉」にあわせて、

大事な日にちを選んだり、

プレゼントの

花の種類を

決めたりしている方も

いると思います。

 

私も、

時々「花言葉」で贈る花を選んだり、

日にちを選んだりします。

 

そこで、スペインの花言葉

いくつかをご紹介します。

花言葉の意味は、

花の色によっても違います。

例えば、

赤色は「愛:amor:アモル」 や

情熱:pasión:パシオン」、

白色は「純粋:pureza:プレサ

および「潔白・無邪気: inocencia:イノセンシア」など。

黄色は「友情:amistad:アミスタ」、

ピンクは「上品、恩恵・好意:gracia:グラシア」などで、

は「一目ぼれ:amor a primera vista:アモル・ア・プリメラ・ビスタ」の意味を持ちます。

 

また花でも「花言葉」があります。

スペインの「花言葉」について、

バラ」は「愛:amor:アモル」、

ユリ」は、「無垢な心: Corazón inocente:コラソン・イノセンテ

アイリス白」は「希望、期待:Esperanza:エスペランサ

ポピー赤」は、「喜び: Placer:プラセル」。

さらに、

ピンクのデージー」は、「無垢な愛:amor  inocente」などです。

 

 

スペコ
花はそれぞれ美しいですが、私の好きな花の一つ「牡丹(ぼたん):Paeonia :パエオニア」の花言葉は、「正直、誠実:Veracidad:ベラシダ」などです。牡丹花は(女性に例えると)“何事にも動じない&芯が強いとともに、華やかな雰囲気” なので好きですね (^^)

 

スぺニャン
日本で、母の日の定番花は “カーネーション” ですが、スペインでは、国花にもかかわらず(笑)、スペイン人は情熱や愛を示す「赤バラ」などのほうが好きですね。国により「花言葉」の意味が異なる場合もありますが、あまり気にしないで、臨機応変に、いろんな国の花言葉を利用してみても楽しいと思うよ。(^^)

 

では、今日はここまでです。

次回も楽しく、

スペイン語やスペインを学習しましょう。

Hasta luego ! (⌒ー⌒)ノ~~~