スペイン語の基礎「単語と基本会話:あいさつ」

スペイン語の基礎「単語と基本会話」スペイン語の基礎「単語と基本会話」

スペイン語会話(1)

Hola !

知っておくと

便利なスペイン語の

基本会話を

少しずつ

ご紹介していきまーす。(^▽^)/

 

※発音は、別記事の基本文法「アルファベットと発音」

でチェックしてください。

 

「挨拶」

 

Encantada 「エンカンタダ」   「はじめまして」 ※女性からの場合

Encantado    「エンカンタド」 「はじめまして」※男性からの場合

Mucho  gusto  「ムチョ グスト」「はじめまして、よろしく」

 

「朝昼夜の挨拶」

Buenos días  「ブエノス・デアス」   「おはよう」

Buenas tardes 「ブエナス・タルデス」「こんにちは」

Buenas  noches 「ブエナス・ノチェス」「こんばんは」

¡ Hola !      「オラ!」 「やあ!」

¿ Cómo está  usted? 「モ・エス・ウステ?」

「(あなたは)お元気ですか?」※3人称ustedは目上、親しくない人の場合。親しいなら  ¿ Cómo estás ?

¿Qué tal ?   「・タル?」「いかが?」

 

 

「別れ」

 

Adiós       「アディス」「さようなら」

Hasta  mañana  「アスタ・マニャナ」「また明日」

Hasta luego    「アスタ・ルエゴ」「また今度」

Hasta pronto   「アスタ・プロント」「またすぐに」

Hasta la vista   「アスタ・ラ・ビスタ」「また会う日まで」

 

「お礼」

 

Gracias          「グラシアス」「ありがとう」

Muchas  gracias 「ムチャス・グラシアス」「とてもありがとう」

 

「謝罪・礼儀」

 

Permiso 「ペルミソ」「すみません」※仕事場など。

(例)Con Permiso「失礼します」※上司など、上の立場の人の部屋に入る前など。

Perdón【名詞】「ぺルン」 「すみません」※普通に謝罪。ちょっと相手に(ぶつかるなど)失礼になることをした時など。

Lo siento    「ロ・シエント」「ごめんなさい」(より感情面での)謝罪の気持ち。

Disculpe   「ディスクルぺ」「ごめんなさい」謝罪の気持ち。

※ Perdoname (ペルナメ) 「ごめんなさい」謝罪の気持ち。

※perdonar動詞の2人称命令形。 私(me)を許してください。

3人称(usted:目上、親しくない人)の場合はperdoneme,  perdone Usted(ペルネ ウステ) になる。

 

「お礼の返答」

De nada    「デ・ナダ」「どういたしまして」「いいえ、とんでもないことです」

 

“ これを知っておくと、あなたもスペイン通 ”だより

 

スペコ
日本は、よく謝罪する文化ですが、外国またスペインでは、(失礼しました以外の)本当の謝罪は、「本当に罪を認める」場合だけなので、安易に使用しないほうがいいです。謝罪したからと全責任を取らされることにもつながります。

 

スぺニャン
もちろん、「自分の責任だ」「(人の心を傷つけるなど)悪いことをした」と思ったら謝罪することは、日本外国共通なことで “人”として大事だと思います。またスペイン人は、“個人”を尊重し、相手への情も厚い、優しい面を持ちます(^^)

 

では、次回も、楽しくスペイン語を

学習していきましょう。

Hasta luego (^▽^)/