スペイン語の基礎「単語と基本会話:調理法と味・料理名とスペインの食習慣」

スペイン語の基礎「単語と基本会話」スペイン語の基礎「単語と基本会話」

Hola !

今回は、

お料理をしている時の

“ ゆでる ” や

 “ 炒める ” などの

「調理法」や、

「料理の味」などについて、

スペイン語で学びましょう。

vamos a empezar !  (^▽^)/

 

スペイン語レシピ攻略!調理方法の言葉を覚えましょう

※単語は、動詞の不定詞(原形)を記しています。

動詞は主語によって、変化します。

cortar:コルタル:切る」

asar:アサル:焼く」

pelar:ぺラル:皮をむく」

 

freír:フレイル:揚げる」

moler:モレル:つぶす」

trocear:トロセアル:きざむ」

 

hervir:エルビル:ゆでる」

amasar:アマサル:こねる」

guisar:ギサル:煮込む」

 

mezclar:メスクラル:まぜる」

condimentar:コンディメンタル:味をつける」

estirar:エスティラル:のばす」

 

cocer:コセル:煮る」

adobar:アドバル:漬ける」

cocer al vapor:コセル・アル・バポル:蒸す」

 

colar:コラル:水を切る」

picar:ピカル:みじん切りにする」

ahumar:アウマル:いぶす」

 

enfriar:エンフリアル:冷やす」

poner al  fuego:ポネル・アル・フエゴ:火にかける」

hacer a la barbacoa:アセル・ア・ラ・バルバコア:直火で焼く」

saltear:サルテアル:炒める」

 

【名詞】

puré:プレ:裏ごし、ピューレ」

 

 

どんな味がする? 料理の味わいを示す言葉

 

dulce:ドゥルセ:甘い」

ácido:アシド:すっぱい」

picante:ピカンテ:からい」

 

malo:マロ:まずい」

amargo:アマルゴ:にがい」

delicioso:デリシオソ:とても、おいしい」

 

aguado:アグアド:みずっぽい」

tierno:ティエルノ:まろやか」

de sabor fuerte:デ・サボル・フエルテ:味がこい」

 

mal  olor:マル・オロル:匂いが悪い、くさい」

de sabor  ligero:デ・サボル・リヘロ:味がうすい」

aceitoso:アセイトソ:あぶらっぽい」

 

gustos y aversiones:グストス・イ・アベルシオネス:好き嫌い」

soso:ソソ:風味がない」

espeso:エスぺソ:こってりした」

 

crudo:クルド:なま」

está podrido:エスタ・ポドリド:くさっている」

tiene moho:ティエネ・モオ:かびが、はえている」

 

 

日本の料理名を、スペイン語で言えば?

 

pizza:ピッサ:ピザ」

arroz  con  curry:アㇽロス・コン・クリィ:カレーライス」

espagueti:エスパゲティ:スパゲティ」

 

hamburguesa:アムブルゲサ:ハンバーグ」

bocadillo:ボカディリョ:サンドイッチ」

guiso:ギソ:シチュー」

 

albóndiga:アルボンディガ:肉だんご」

patatas fritas:パタタス・フリタス:フライドポテト」

paté:パテ:パテ(レバーなどを、ペースト状にしたもの)」

 

gratinado:グラティナド:グラタン」

huevo frito:ウエボ・フリト:目玉焼き」

huevo duro:ウエボ・ドゥロ:ゆでたまご」

 

ensaladilla rusa:エンサラディリャ・ㇽルサ:ポテトサラダ」

estofado:エストファド:煮込み」

carne asada:カルネ・アサダ:焼肉」

 

croqueta:クロケタ:コロッケ」

fideos  chinos:フィデオス・チノス:ラーメン」

tostada:トスタダ:トースト」

 

bistec:ビステ(ッ)ク:ステーキ」

ensalada:エンサラダ:サラダ」

rebozado:ㇽレボサド:てんぷら」

 

pescado crudo:ペスカド・クルド:お寿司」

pollo frito:ポリョ・フリト:フライドキチン」

 

 

スペイン人は食事が大好き!スペインの食習慣

 

料理の調理法や

料理名を覚えた後は、

スペインの食事習慣について

学びましょう。(^▽^)/

 

スペイン人は、

「食べる」ことが大好きです。

レストランでも、

特に日本人女性にとっては、

たべきれないほどの

生野菜サラダが

お皿に、盛られてきたりします。

 

スペインの生野菜サラダは、

基本的に、

オリーブオイルをかけて

食べるので、

日本でマヨネーズや

ドレッシングを

サラダにかけて食べるのが

習慣になっている方は、

物足りなく感じるでしょう。

でも、

なれれば、

生野菜サラダに、

スペインのさらっとした

ニンニクを

刻んでかけて、

その上に「オリーブオイル」と、

いろいろな種類がある「ビナグレ:シェリー酒」

の組み合わせで、

十分に、

おいしく感じるようになりますよ。(^^)

 

また、

スペインの食事は、

サラダでも、メイン料理でも、

とにかく各料理の量が

多いです。

さらにパンは、

「フランスパン」がメインなので、

よく噛むことによって、

フランスパンだけでも

すぐ満腹になります (^○^)

 

スペイン人の

基本的な食事習慣について、

朝は、紅茶やコーヒーから

はじまります。

コーヒーなどの飲み物と

クッキーなどで簡単に済ませます。

朝食をしっかりとるのが

習慣になっている日本人の方は、

“ これじゃ、お昼休みまで活動を続けられない ” 

ya tengo hambre ・・・( ̄  ̄;)

って思う方もいるでしょう。

でも、日々1分を争う

日本の仕事習慣にくらべて、

休憩については、軽食など、

のんびりした部分もあるので、

なんとかなります(笑)

 

さらにランチタイムが

午後の2時ごろで、

2時間ほど、

たっぷりランチ料理を

楽しみます。

※伝統的な、(自宅に戻りランチの後2時間ほど、お昼寝する)

スペインのシエスタタイムは

残っていますが、

特にEU統一後は、

“ のんびりスペイン流 ”では、

通用しない部分もでてきて、

公務員、大都会では、

シエスタの時間が

廃止、または短くなっているところもあります。

夜の「夕食」は、午後10時ごろから始まります。

 

基本三食(軽食)以外でも、

バルにも、

気軽に行く習慣があるので、

やはりスペイン人は

「食べる」ことが大好きですね。

 

日本だと、通勤での仕事に関して言えば、

日々の仕事の一部として、

昼食や、

休憩タイムが組み込まれていますが、

 

スペインでは

(猛烈に多忙なスペイン人の方々もいますが)

一般的に、

毎日の食事習慣の一部として、

仕事タイムがあるように思えます。

さらに、

スペイン人の生活習慣は

聖書の「聖人」がたと

密接に関係しているので、

やたら聖人週間行事があり、

いろいろな期間が、

お祭り期間になります。

(⌒▽⌒)/ 🍹【Viva  fiestaaaaa !】🍹 \(⌒▽⌒)

 

では、次回も

たのしくスペイン語や

スペイン観光文化を

学びましょう

hasta luegooooo (⌒ー⌒)ノ~~~