「スペイン版の四国八十八か所めぐり!:サンティアゴ・デ・コンポステラ」

スペインのおもしろ文化, スペインのおすすめ観光場所スペインのおもしろ文化, スペインのおすすめ観光場所

Hola !

今回は、

「Santiago de Compostela:サンティアゴ・デ・コンポステラ」

のご紹介です。

この「Santiago de Compostela

:サンティアゴ・デ・コンポステラ」は、

“ 何で有名か? ”

というと、

(知っている方もいると、思いますが)

「巡礼の旅」経験が

できる場所として、

世界中の人々が

集まってくることで

有名です。

 

日本で言えば、

四国の “ 八十八か所めぐり ”

をイメージして

いただけると、

理解しやすいと思います。(^^)

 

では、まず巡礼経験ができる

「Santiago de Compostela:サンティアゴ・デ・コンポステラ」は、

どんな場所かについて、

ご紹介しまーす。

te lo presento ! (^▽^)/

 

 

どこにあるのか?

 

「Santiago de Compostela

:サンティアゴ・デ・コンポステラ」は、

スペイン北西の端に位置する

スペインの

17ある「自治州:comunidad autónoma

:コムニダ・アウトノマ」

一つ「ガリシア州:Galicia」の

州都です。

また「Santiago de Compostela

:サンティアゴ・デ・コンポステラ」

には、自治州政府があり、

ガリシア州政治の

中核になっており、

カトリック教会の

大司教座が

おかれています。

 

ユネスコ世界遺産として

1985年に登録された

「サンティアゴ・デ・コンポステラ」は、

イタリアエリアに位置する

バチカンや

エルサレムとともに、

 

「キリスト教三大巡礼エリア」

の一つとして、

高く評価されています。

 

 

巡礼の旅の終わりに、たどりつく場所

 

「Santiago de Compostela

:サンティアゴ・デ・コンポステラ」は、

世界中の人々が

チャレンジする「巡礼の旅」を

達成した後、

最後に訪れる聖地です。

 

 

 

聖地の歴史

 

「サンティアゴ・デ・コンポステラ」にある

サンティアゴ巡礼を

終えた人たちが

最後に訪れる場所に

ふさわしい、

壮大な「サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂

Catedral de Santiago de Compostela:カテドラル・デ・サンティアゴ・デ・コンポステラ」には、

聖人ヤコブ殉教後の遺骸が

埋葬されたと

いわれています。

聖人ヤコブは、

弟の聖人ヨハネとともに、

聖書の人物イエス・キリストの教えを

尊重して、

その教えを

広めるために

活動をしていたのですが、

エルサレムに戻ってきたとき、

その当時の

ローマ帝国に認可された

古代のユダヤ統治者であり、

かつ新約聖書「使徒行伝」の

中にでてくる

“ヘロデ王”こと、

マルクス・ユリウス・アグリッパスによって、

残念ながら処刑され、

イエス・キリスト十二使徒の

最後の殉教者となりました。

 

その遺骸を、

弟子たちが、

最後に

たどり着いた場所に

聖人ヤコブを

埋葬したことが、

聖地起源となったと

ききます。

さらに

月日は流れ、

再度、聖人ヤコブの

お墓の発見により、

聖堂が建設されたことが、

現在の「Santiago de Compostela

:サンティアゴ・デ・コンポステラ」の町起源

と言われています。

 

そして、スペインでは、

7月25日は「サンティアゴ 聖人ヤコブの日」となり、

この期間は、

盛大に、お祭り「聖人ヤコブ祭」が開催されます。

 

 

巡礼の旅のスタイルは?

 

日本の四国での

弘法大師(空海)関連の

「八十八か所めぐり」では、

希望する方のみ、

白装束や金剛杖などの

巡礼スタイルをしますね。

 

それと同じように、

サンティアゴ・デ・コンポステラの巡礼でも、

基本的な

巡礼スタイルがあります。

継承されてきた

基本スタイル

では、

四国の八十八か所めぐりのように、

白装束は

身につけないのですが、

聖人ヤコブの

シンボル的な「ホタテ貝の殻」と、

使用しやすい「

および、

のどの渇きを

いやすために利用する

ヒョウタン」をもって、

サンティアゴ巡礼に出発します。

 

また本格的な徒歩巡礼だと、

事前に

多少のトレーニングを

しておいたほうが良い

といわれるように、

巡礼の旅を

やり遂げるために、

ある程度の

体力も必要でしょう。

 

しかしながら、

現代は、巡礼ルートは同じでも、

徒歩以外に

自転車巡礼などの

巡礼方法もありますので、

自身の体力に合わせて、

無理をしない

巡礼の旅を選べます。(^^)

 

 

巡礼のルートは?

 

サンティアゴ・コンポステラ巡礼の旅は、

いくつかの「巡礼ルート」

があります。

例えば、

「マドリッドの道」や、

「アラゴンルート」

「フランス人の道」、

「北の道」

さらに「ポルトガルの道」

および「イギリス人の道」など

さまざまな

巡礼ルートがあります。

 

 

「フランス人の道」の巡礼ルートは?

 

「フランス人の道」は、

スペインの国境に位置する

「サン・ジャン・ピエ・ド・ポー:Saint-Jean-Pied-de-Port」

から出発して、

「サンティアゴ・デ・コンポステラ」までです。

 

「フランス人の道」巡礼ルートは

780㎞ほどあり、

人気のルートです。

 

同ルートでは

スペイン観光で

よく知られている

“ ピレネー越え ” があり、

盛大な

「牛追い祭り」で知られている、

パンプロナ、

また、

ブルゴス大聖堂や、

レオンなどを

見ることができます。

 

 

「マドリッドの道」の巡礼ルートは?

 

「マドリッドの道」の

巡礼ルートもあります。

スペインの首都

マドリッドから出発して、

「フランス人の道」の巡礼ルートでもある

「サアグン:Sahagún」(ここが、マドリッドの道の最終地)

を通り、

「サンティアゴ・デ・コンポステラ」まで

の全距離は696㎞ほどです。

 

 

「アラゴンルート」の巡礼の旅

 

さらに

スペインでも

人気のピレネー山脈を

通る巡礼の旅「アラゴンルート」

もあります。

同ルートは、

フランスの国境に位置する

「Puerto de Somport:プエルト・デ・ソムポルト

:ソンポルト峠」を出発して、

「Puente la Reina :プエンテ・ラ・レイナ」

にて、(ここが、アラゴンルートの最終地)

さらに「フランス人の道」の結合地点から

「サンティアゴ・デ・コンポステラ」までの

総合巡礼ルートは、

合計1024kmほどの

巡礼の旅になります。

 

旅の途中に、

雄大なピレネー山脈を

眺めながら、

多くの巡礼者たちに

思いをめぐらせながら、

静かに流れるアラゴンの川や、

美しい「サンタ・マリア・ラ・レアル修道院

:El monasterio de Santa María la Real

:エル・モナステリオ・デ・サンタ・マリア・ラ・レアル」や、

のんびりした自然の景色などを

見ることができます。

 

また同巡礼ルートの

ポイント地点である

「Jaca:ハカ」から

巡礼ルートから

外れたエリアで

見ることができる

「ザビエル城:Castillo de Javier

:カスティリョ・デ・ハビエル」は、

日本にキリスト教を

広める活動を行った

有名な「フランシスコ・ザビエル

:Francisco de Xavier」が

誕生した場所です。

 

このように、

一言で「サンティアゴ・デ・コンポステラの巡礼の旅」

といっても、

それぞれの

「巡礼の道」ルートで

出発地点も

終着地点も

異なりますが、

最終的には、聖地起源の

「サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂

Catedral de Santiago de Compostela

:カテドラル・デ・サンティアゴ・デ・コンポステラ

がある、

「サンティアゴ・デ・コンポステラ」に

多くの巡礼者が

たどり着きます。

 

また大聖堂の中は、

美しい礼拝堂や、

多くの貴重物が

展示されてあります。

 

【巡礼サイト情報:日本語】

 CAMINO | 日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会

 

巡礼の旅達成への励みになる、スタンプや宿泊施設

 

巡礼ルートの

ポイントになる場所の

いくつかには、

「アルベルゲ:Albergue:宿泊施設」

が設置されており、

さらに、

ATMや

薬局および病院、

バルや、食料品の店などが

ある場所もあります。

 

宿泊施設には、

礼拝堂を修築した

宿泊施設もあり、

中世のような

「洗足の儀式(足を清め、旅の安全を祈る)」

とともに、

食事もあります。

 

多くの巡礼者たちは、

旅の途中で

設置されている

宿泊施設に滞在して、

スタンプをもらい、

巡礼の旅をしている

いろいろな方と出会い、

身支度をして

ぐっすり眠って

また始まる巡礼の旅まで

ゆっくり休憩します。

 

 

サンティアゴ巡礼で、必要なものは?

 

どの巡礼ルートを

選ぶにしても、

日本人の方が、

巡礼の旅を経験するために、

必ず準備するものは、

まずもちろん、

航空券」と「パスポート」です。

 

そのほか、キャッシュカードや現金、

ガイドブック、

さらに

万が一のための海外旅行保険

などがあります。

ここまでは、

一般の観光客と同じですね。(^^)

 

さらに「巡礼の旅」で

用意するものは、

巡礼スタイルの、

「杖」「ひょうたん」「ホタテ貝の殻」

とともに、

長距離を移動するために、

あるきやすく、

普段から

はきなれているシューズや、

天気がかわっても

大丈夫な「雨具」、

および暑さを防ぐ「帽子」と

長旅でも使用できる「リュック」です。

 

宿泊施設は

巡礼の旅らしく、

高級ホテルのように

豪華ではないので(笑)

夜は冷えても

体調を崩さないように

「寝袋」も必要です。

また体が冷えないように

「防寒具」も持参すると

役立つでしょう。

 

さらに、

巡礼ルートの

休憩施設で「スタンプ」を

おすときなどに用いる

「巡礼手帳」も大事です。

※基本的に、「巡礼手帳」は、

宿泊施設で受け取る場合は有料です。

 

そのほかは、

「ヘッドライト」や「手袋」

スペインは

日差しがつよいので「サングラス」

さらに、

歩いての巡礼で、

特に足に

マメができやすい人は「予防クリーム」

などがありますね。(^○^)

 

また、宿泊施設では、

世界中から、

さまざまな人々が

宿泊しているので、

音に敏感な方は、

「耳せん」なども持参すると

役立つでしょう。

 

そのほか、

「下着」や「タオル」

「洗面セット」「携帯」「電池」など

各人基本生活で

必要なものを考え、

さらに巡礼生活で必要なものを

用意しましょう。(^^)

 

 

巡礼手帳は、どこでもらえる?

 

巡礼のポイントになるエリアの

巡礼事務所で、

証明のスタンプを

押してもらえる時などに

必要な「巡礼手帳」は、

巡礼の途中にある

巡礼事務所などで

名前登録後に、

巡礼者証明として

受け取れます。

 

巡礼達成!「サンティアゴ・デ・コンポステラ」での証明書

 

「サンティアゴ・デ・コンポステラ」に

到着後は、

巡礼事務所で、必要事項を書き込み

「巡礼証明書」を受けとります。

※ただし、「巡礼証明書」を

受け取るための

最低条件があり、

徒歩の場合は、

サンティアゴ・デ・コンポステラまでの最後100㎞以上、

また自転車の場合は、

サンティアゴ・デ・コンポステラまでの

最後200㎞以上を

完了した巡礼者であることと、

さらに「巡礼実施の動機」が

「宗教および、文化的関心」

あるいは「宗教」のみの場合となります。

 

スぺニャン
「サンティアゴ・デ・コンポステラ」に到着したら、(多くの巡礼者同様)最初に、荘厳な「サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂」内で、全巡礼の無事達成の感謝が大事ニャン (^^)

 

 

 

 

「サンティアゴ・デ・コンポステラ」までの交通は?

 

「サンティアゴ・デ・コンポステラ」エリアに

観光のみを

希望される方もいるでしょう。

その場合は、

マドリッドから飛行機や

バス、鉄道を使う方法があります。

空港利用の場合は、

マドリッドの

バラハス空港から出発して、

到着する空港は、

「サンティアゴ・デ・コンポステラ空港:Aeropuerto de Santiago de Compostela

:アエロプエルト・デ・サンティアゴ・デ・コムポステラ」

になります。

 

所要時間は、

マドリッドのバラハス空港から

例えば、

「IBERIA EXPRESS:イベリア・エクスプレス」

の便を使うと、

1時間30分以内で

空港に到着します。

 

また「バス」で行くなら、

例えば、

バス会社「ALSA」利用の場合、

(交通状態によりますが)

早くて6時間30分以内での

到着となります。

 

さらに

スペイン「鉄道」を利用する場合は、

最も高速の

TVE以外の、

高速鉄道で5時間30分以内

に到着できます。

 

【空港情報:スペイン語】

Santiago Airport – Official website – Aena.es

 

【バス情報:スペイン語】

Horarios de autobuses – Frecuencias y líneas de autobuses – ALSA

 

【鉄道情報:スペイン語】

Renfe – Viajeros – Horarios

 

また、サンティアゴ・デ・コンポステラの

観光を楽しみたい方は、

大聖堂以外にも

魅力的な観光地がありますので、

訪れてみてくださいね。(^^)

【観光情報:日本語】

TripAdvisor:サンティアゴ・デ・コンポステラ観光

 

 

自分を見つける「サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼の旅」

 

長い巡礼の旅を

達成した巡礼者は、

多くの人々が

祈りをささげてきた

「柱」のある、

「栄光の門」と呼ばれる入口に

むかいます。

 

5㎞手前から

初めて、

「サンティアゴ・デ・コンポステラ」

が見える

「モンテ・デル・ゴソ:歓喜の丘」に到着し、

さらに、

壮大な大聖堂を見たときの

巡礼者達の心は、

大きな達成感と

感動で、いっぱいでしょう。

 

スぺニャン
スペコとサンティアゴ・デ・コンポステラを訪れたことがあるけど、本当に巡礼者や観光客で、いっぱいだったね。大聖堂も本当に大きくて、色々な説明を聞きながら大聖堂内部を見たけど、巡礼者が「頑張ってよかった」と思えるような、本当に荘厳な大聖堂だったね。

 

“ 巡礼者がたどった道を、

自分も経験したい ”

との思いを抱いて

巡礼の旅をしている

諸外国からの

多くの人々に

出会えるスペインの巡礼の旅・・・

興味がある方は、

一度経験してみては

いかがですか?

 

今まで気づかなかった、

新しい自分を

発見できるかも

しれませんよ。(^^)

 

では、次回も

スペイン語や

スペイン観光文化を

たのしみながら

学びましょう。

hasta luegoooo   (⌒ー⌒)ノ~~~