由来はダークヒーローの隠れ家!「人気レストランと食事作法」

スペインのおすすめ観光場所, スペインのおもしろ文化スペインのおすすめ観光場所, スペインのおもしろ文化

 

Hola !  

今回は、

スペインの

「ユニークなレストラン」と、

「スペインの基本食事マナー」について

ご紹介します。

Vamos a empezar  (^▽^)/

まずは、

最低限

知っておいたほうがいい

「スペインの基本食事マナー」から

学習しましょう。

 

スペインでお食事!役立つレストランの基礎マナー

 

日本には、

数多くの

レストランが

ありますね。

それと同じに、

スペインにも

多くのバラエティー豊かな

レストランがあります。

スペイン滞在中に、

あるいは

留学期間に

知り合った

スペインの方や、

ヨーロッパ諸国の方たちと、

レストランで

おいしい料理を

味わいながら、

楽しくすごす

機会も

あるかもしれません。

 

しかしながら、

日本でも

日本料理を食べるときに、

最低限の基本マナー

あるように、

スペインでも

スペイン(西洋)の方が、

当たり前の習慣としている

料理マナーがあります。

 

友人同士なら、

「日本とは文化が

異なるからな」と

寛大な気持ちで

接していただけると

思いますが、

例えば、

ビジネスで

スペイン人の方(西洋の方)たちと、

初めて

食事をする場合など、

やはり、

「欧米のマナーにも、

なれているな」と、

スマートな印象を

あたえたほうが

良い時も、

あるでしょう。

ちょっとしたことでも

親近感がうまれる、

きっかけになると思います。

 

※今回は、

「ユニークな、人気レストラン」の

ご紹介もあるので、

詳しい「スペイン(西洋含める)での、レストランマナー」は、

後日

またあらためて

ご説明します。(^^)

 

今回は、

スペインの

レストランでの食事中に、

スペインの方たちに

“ 今のは・・・

w( ̄▽ ̄;)w !?

(Qué ?!:何だ?!)”

と、

驚かれないように、

もっとも大事なマナーの

ご説明をします。(^^)

 

料理を食べるとき、気を付けることは?

 

日本と、

スペイン(西洋文化)の

料理マナーで、

大きく異なることは、

「スープ類を食べるときは、

音を立てない」です。

例えば、

日本はラーメンを

食べるとき

「ずずう!」って

音をだして、

たべますね。

 

寒い冬の日に、

「寒いぃぃ」

(寒いです:tengo  frío:テンゴ・フリオ

と言いながら、

“ あつあつラーメンを作って、

お箸で、

🍜「ずずう!」と

めんを

すする音を出しながら、

食べる時こそ

最高なんだ!” ♪v(⌒o⌒)v♪ と、

思う方もいるかも

しれません。

 

もちろん、

日本では、

真冬の日、

幸せな気分に

させてくれる

食べ方 🍜「ずずう!」

尊重します。(^^)

 

でも(pero:ペロ)・・・・

スペインでは、

この「ずずう!」

すする音を

だして食べることは、

スペインの料理マナーとして、

受け入れられませんので、

 

「すする音を、ださないで」

静かに、

スープ類を

味わってください。(^^)

 

いままで「ずずう!」の音を

周囲にひびかせて

幸せ気分で

食べていた方は、

「すする音を出さずに、スープ類を味わう」

食事作法について、

何か、ものたりなさを

感じるかも

知れませんが、

 

どんな分野に対しても、

“人間の習慣 ” とは

恐ろしいものである

と同時に、

ありがたいものでもあり、

3日ほど、

繰り返せば、

「すする音【ずずぅ!】を、ださない」食べ方に

なれてくるでしょう。

animo ! (アニモ!:頑張ってください!) (^^)

 

 

もう一つ、

特に初めてスペインで

レストランに行く方は、

驚かれるかも

しれませんが、

日本のレストランでは

テーブル席についたら、

ほぼ必ず

店員の方が

「冷たい、お水」

を持ってきます。

さらに、何度も

「おいしい、冷たいお水」を

持ってきて

いただけます。

※こういう、日本のサービスは、

本当にすばらしい!(^^)♡

が!しかし・・・・・

スペインのレストランでは、

どんなに待っても、待っても、

「冷たく、おいしいお水」は

テーブルには

届きません。(笑)

ここで、

“お水さえも出さない、お店なのか?

高級そうなのに、なんて店だ!”

((( ̄へ ̄井) grrrrr!

怒っては、いけません。

どんなに、

身なりや動作で、

“ スペイン生活なれています ” の

演出をしていても、

“あ、スペイン生活、超初級者だ!”

と、周囲に

くすくすと笑われて(?)

終わります。

 

理由は、

「スペインの水は、

メニュ-の中の、一つです」

つまり「有料」です!

 

だから、

レストランで

飲み物を注文する

一つのドリンクとして

「お水」を注文します。

さらに、

スペインの

メニューの「お水」は

2種類あって、

基本的に、

「炭酸入りの水:agua con gas :アグア・コン・ガス

「炭酸なしの水(普通の水):agua sin gas:アグア・シン・ガス

の2種類から、選びます。

 

「agua :アグア:水」「con ~:コン:と一緒に」

「sin~:シン:~なしで」の意味です。

「ミネラルウォーター:agua mineral」

 

「スペインレストランの、基本マナーポイント(まとめ)」

※スープ類は、「ずずう!」と、すする音をたてない。

どんなに待っても「無料水」は届かない。

「炭酸入りの水」「普通の水」の2種類がある。

スぺニャン
スぺコは「agua con gas」派だよね。シュワっとして、おいしいよね (^○^) 

 

スペコ
はい、「agua con gas」も、一般の炭酸飲料水も大好きです。(^^)

 

 

では、

「最低限のレストランマナー2点」を

理解した後は、

「ユニークな、人気レストラン」

をご紹介します。

te lo presento ! (^▽^)/

 

マドリッドの、ユニークなレストランは?

 

ご紹介する「ユニークなレストラン」、

その名は、

マドリッドエリアにある

「Las Cuevas de Luis Candelas · Restaurante:

ラス・クエバス・デ・ルイス・カンデラス・レスタウランテ」

でーす。(^▽^)/

 

レストラン名の由来は、

1800年の初期に生まれ、

マドリッドの

義賊の中心的人物だった

ルイス・カンデラス・カヒガル:Luis Candelas Cajigal」の

隠れ家だった

ことから来ています。

 

ルイス・カンデラス:Luis Candelas」は、

庶民の

ダークヒーロー的人物として、

(義賊(盗賊)だが、極悪人ではなく、

弱いものへの情があり、

周囲を見方にしてしまう、

一本筋の通っている、

義賊の中心的人物であった)

特異な運命を

背負いながらも、

 

あの有名な「貴族、ドン・ファン :Don Juan」のように、

“ 危険な香りのする男 ”

が好きな女性たちに

モテモテ人生でしたが、

運命つきた33歳、

(法律的に、最後は許されず)

 

人生最後の時、

(義賊の彼らしい言葉で訳すれば)

“さらば、俺のふるさと、幸あれ!”

と残して、一生を終えました。

 

ルイス・カンデラス:Luis Candelas

(義賊)の

隠れ家だった場所を、

利用した

レストランの

入り口エリアには、

門番のような

男性の方が

たっています。

店内には、

スペイン人の心に

名を残した

ルイスカンデラス】関連の

素敵なアートが

飾られており、

洞窟空間を楽しめる

アットホームな内装です。

マドリッドで

最も伝統的なレストランの一つと

言われています。

ラス・クエバス・デ・ルイス・カンデラス・レストラン

【住所】C/ Cuchilleros, 1
28005 Madrid 

【営業時間】 13:00から24:00

【電話番号】Tel: +34 913 665 428 | 913 664 937

引用:Las Cuevas de Luis Candelas · Restaurante

 

「Las Cuevas de Luis Candelas 店舗」紹介(日本語)はこちらへ

店舗についての

スペイン語での口コミでは、

「義賊だった、正義感&勇ましいルイス・カンデラス」を、

スペイン版  “ ロビン・フッド ”と

たとえる方もいました。

写真もたくさん

ありますので、

店内の様子が

よくわかります。

義賊の隠れ家だった場所を

利用した

レストランでの

食事経験は

観光の

良い記念になると

思いますよ (^^)

 

では、次回も

楽しくスペイン語と

スペイン旅文化を

学びましょう。

Hasta luegooooo     (⌒ー⌒)ノ~~~