スペインへようこそ!マドリッドのバラハス空港

国内・海外の旅(観光・ホテルなど)国内・海外の旅(観光・ホテルなど)

Hola !

今日は「スペインの最大国際空港」のご紹介です。

Vamos a empezar    (^▽^)/

 

直行便と乗り継ぎ、どちらも楽しいスペインまでの旅

 

 

陸続きのヨーロッパなどでは、

自家用車やバスで、

気楽に隣の国まで、旅行できるのですが、

「島国の日本」は、

そういうわけにもいかず、

日本からスペインまでは、

飛行機を乗り継ぎながら、

または直行便で

長い時間をかけての大移動となります。

 

Qué bien !\(^▽^)/ なことに

18年ぶり、

2016年秋から、

スペイン~日本までの直行便が再開されて、

一度スペイン行きの直行便(IBERIA)に

搭乗してしまえば

ずーと寝てても、スペインに到着できるので、

乗り換え恐怖症?の方や、

高齢の方などは、大変助かっている

と思います。

また日本出発から、

スペイン国旗と同じカラーが取り入れられた

素敵なイベリア(IBERIA)航空の直行便で、

すでに “スペインの気分”

を味わえますしね。(^^)

 

でも、乗り継ぎで行く方法も、

格安チケットを選びやすいとともに、

スペインに行く次いでに

乗り継ぎの国を経験できる

メリットもあります。

 

スぺインまでの乗り継ぎで

韓国や、ドイツ、イギリス、

イタリア、シンガポール、フランスなど、

いろいろな乗り継ぎ(立ち寄り含む)を

経験しましたが、

乗り継ぎで

次の出発まで待つ間、

空港内では

その国のお土産品購入や、

自分の買い物をしたり、

そこの国の雰囲気や、

行きかう人々と出会うことができ、

さらに乗り継ぎ国の

飛行機サービスや食事も

経験できるので、

乗り継ぎの旅も、

一つの観光&実践経験と思えば、

けっこう楽しいですよ。(^^)

 

 

スペインの玄関口になる空港は?

 

特にツアーなどで

日本から、はるばるスペインまで

飛行機で訪れた

日本人観光客を「Bienvenido(a)!」
(ようこそ!)と

心地よく迎えてくれる空港は

ほぼマドリッドの巨大国際空港「Barajas:バラハス」でしょう。

この世界中の人々が、

スペインの玄関口として利用している

「Barajas:バラハス」空港について、

ご紹介します。

 

 

バラハス空港とは?

 

Barajas:バラハス」空港は、

正式名称が、「Aeropuerto Adolfo Suárez Madrid-Barajas:アエロプエルト・アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港」と、とても長いです(笑)

だから、多くの人々は、

簡単に「Barajas:バラハス」空港と呼んでいます。

バラハスの歴史は、

1927年からスタートしました。

1928年に開港、

1931年に無事完成。

そしてついに、

1933年、本格的に

飛行開始となりました。

 

また現在のバラハス空港の旧名「マドリード=バラハス空港」と名付けられたのは1965年です。

そして、本拠地がマドリードで、

スペイン航空を代表する「イベリア航空:Iberia Líneas Aéreas de España S.A.:イベリア・リネアス・アエレアス・デ・エスパニャ S.A.」は、

1974年に、

マドリッド~バルセロナまでの国際線

および国内線の乗継便運用を始めました。

 

またバラハス空港のターミナルも、

拡張されていき、1980年に「ターミナル3」が、

さらに2006年には

「ターミナル4」が登場しました。

そして、今では、

搭乗利用人数について、

世界で、上位10位にランクインするほどの

巨大国際空港の一つです。\(^▽^)/ felicidades !

 

また、

現在の「Aeropuerto Adolfo Suárez Madrid-Barajas:アエロプエルト・アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港」の新名称は

スペインの民主化に対して功績を残した

スペイン最初の首相「アドルフォ・スアレス・ゴンサーレス」からきており、2014年3月26日に、

新しい空港名称が誕生しました。

 

特に空港のターミナル4は、

イタリア生まれのイギリスの建築家

リチャード・ロジャース」氏がデザインしたもので、

色鮮やかなカラーや、

曲線をうまく利用した、

アートを感じさせる広い空間で、

多くの利用者の目を楽しませています。

 

スペコ
沢山の「Bienvenida(o)!:ようこそ!」「Adios!:さようなら!」、「 Encantado(a ) !:はじめまして!」などの挨拶とともに、たくさんの人々の出会いと、別れのドラマが繰り広げられる空港が好きですね。個人での国際線外国出発の時、搭乗するときの心地よい緊張感で、自分が別人みたいになる瞬間が好きですね。

 

スぺニャン
スペコは、いろいろな思い出深い空港ロビードラマを経験してきたよね。これから、どんな空港ロビードラマが待っているかな (*^^*) 

 

 

やっぱり空港内ホテルが一番!バラハス空港内にあるホテル

 

個人旅行や留学、滞在などで、

マドリッドのバラハス空港から

さらに別の場所に

飛行機で移動する必要がある時は、

バスや電車を使い

空港周辺のホテルに宿泊して、

また次の日に、朝早く空港へ向かうって

結構大変です。

早朝に弱い人は、特に大変だと思います。

 

バラハス空港内にある「Air Rooms Madrid by Premium Traveller:エアー・ルームズ・マドリッド・バイ・プレミアム・トラベラー」

を知っていますか?

この宿泊施設は、空港内「ターミナル 4」エリアにあり、

次のフライトまで

待つ時間が長い人や、

朝はやい便で

出発する人などが利用できる

便利な空港内ホテル施設です。

 

朝早い出発便の時など、

“ ホテル出口のドアが開いたら、

空港ロビー” の気楽さ!\(^▽^)/

空港内ホテルは最高です。

 

【ホテル名】「Air Rooms Madrid by Premium Traveller :エアー・ルームズ・マドリッド・バイ・プレミアム・トラベラー」

【住所】Aeropuerto de Madrid, Barajas, Terminal T4, Planta -1 (Zona tierra), 28042 Madrid, Spain
 
(引用:トリップアドバイザー)
 

※22室なので、早めに予約したほうがいいです。

チェックインの時に必要な物や、設備・サービス

さらに口コミなどは、

以下の旅行関連会社からチェックできます。

Hotels.com

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

 

 

これが、スペインのバラハス空港(動画)

 

Aena TV:Aena | Comer en la T4 del Aeropuerto AS Madrid-Barajas

斬新デザインで、

モダンな「ターミナル4」内での

食事関連を、テーマにしています。

スペイン語とともに、

「ターミナル4」

の雰囲気がわかりますよ。

 

では・・・これから、

大きな期待を胸に、
スペインに出発する方々が、

スペインのバラハス空港で

多くの、うれしい
「Bienvenida(o)\(^▽^)/ !!」
が待っていることを願いつつ・・・

feliz viaje  !

Hasta  luego   (⌒ー⌒)ノ~~~